映画公開情報/剥き出しにっぽん

剥き出しにっぽん」をピックアップしてご紹介しています。

ぜひのぞいてみて下さい。

「2008年05月映画公開情報」特集ページに戻る

「2008年映画公開情報」特集ページに戻る

剥き出しにっぽん

情緒不安定でマッチョ主義者、そしておじいちゃんっ子な小松太郎(登米裕一)。高校を卒業した太郎は、理由もなく自給自足の生活をしようと思い立つ。大好きな洋子ちゃん(二宮瑠美)を誘いだし、山と畑に囲まれた田舎の廃屋での暮らしをはじめるが……。

アイテム紹介

下記リンクから、さらに多くのアイテムを探すことができます。

【中古】剥き出しにっぽん [DVD]

【中古】剥き出しにっぽん [DVD]

【中古】剥き出しにっぽん [DVD]【メーカー名】エースデュースエンタテインメント【メーカー型番】【ブランド名】【商品説明】剥き出しにっぽん [DVD]当店では初期不良に限り、商品到着から7日間は返品を 受付けております。他モールとの併売品の為、完売の際はご連絡致しますのでご了承ください。中古品の商品タイトルに「限定」「初回」「保証」などの表記がありましても、特典・付属品・保証等は付いておりません。掲載と付属品が異なる場合は確認のご連絡をさせていただきます。ご注文からお届けまで1、ご注文⇒ご注文は24時間受け付けております。2、注文確認⇒ご注文後、当店から注文確認メールを送信します。3、お届けまで3~10営業日程度とお考えください。4、入金確認⇒前払い決済をご選択の場合、ご入金確認後、配送手配を致します。5、出荷⇒配送準備が整い次第、出荷致します。配送業者、追跡番号等の詳細をメール送信致します。6、到着⇒出荷後、1~3日後に商品が到着します。 ※離島、北海道、九州、沖縄は遅れる場合がございます。予めご了承下さい。お電話でのお問合せは少人数で運営の為受け付けておりませんので、メールにてお問合せお願い致します。営業時間 月~金 11:00~17:00お客様都合によるご注文後のキャンセル・返品はお受けしておりませんのでご了承ください。

34312 円 (税込 / 送料別)

販売店:お取り寄せ本舗 KOBACO

【中古】【輸入品・未使用】剥き出しにっぽん [DVD]

【中古】【輸入品・未使用】剥き出しにっぽん [DVD]

【中古】【輸入品・未使用】剥き出しにっぽん [DVD]【メーカー名】エースデュースエンタテインメント【メーカー型番】【ブランド名】【商品説明】剥き出しにっぽん [DVD]当店では初期不良に限り、商品到着から7日間は返品を 受付けております。こちらは当店海外ショップで一般の方から買取した未使用・未開封品です。買取した為、中古扱いとしております。他モールとの併売品の為、完売の際はご連絡致しますのでご了承ください。ご注文からお届けまで1、ご注文⇒ご注文は24時間受け付けております。2、注文確認⇒ご注文後、当店から注文確認メールを送信します。3、当店海外倉庫から当店日本倉庫を経由しお届けしますので10~30営業日程度でのお届けとなります。4、入金確認⇒前払い決済をご選択の場合、ご入金確認後、配送手配を致します。5、出荷⇒配送準備が整い次第、出荷致します。配送業者、追跡番号等の詳細をメール送信致します。6、到着⇒出荷後、1~3日後に商品が到着します。 ※離島、北海道、九州、沖縄は遅れる場合がございます。予めご了承下さい。お電話でのお問合せは少人数で運営の為受け付けておりませんので、メールにてお問合せお願い致します。営業時間 月~金 10:00~17:00お客様都合によるご注文後のキャンセル・返品はお受けしておりませんのでご了承下さい。

33600 円 (税込 / 送料別)

販売店:AJIMURA-SHOP

【楽天ブックスならいつでも送料無料】映画演出・個人的研究課題 [ 石井裕也 ]

映画演出・個人的研究課題 [ 石井裕也 ]

石井裕也 朝日新聞出版エイガエンシュツ・コジンテキケンキュウカダイ イシイユウヤ 発行年月:2020年09月18日 予約締切日:2020年08月06日 ページ数:284p サイズ:単行本 ISBN:9784023319196 石井裕也(イシイユウヤ) 1983年生まれ。大阪芸術大学の卒業制作『剥き出しにっぽん』(2005年)が第29回ぴあフィルムフェスティバルでグランプリ・音楽賞(TOKYO FM賞)を受賞。『川の底からこんにちは』(09年)で商業映画デビューし、第53回ブルーリボン賞監督賞を史上最年少で受賞。『舟を編む』(13年)で第37回日本アカデミー賞最優秀作品賞、最優秀監督賞を受賞。その後、『ぼくたちの家族』(14年)、第33回バンクーバー国際映画祭で観客賞を受賞した『バンクーバーの朝日』(14年)、第91回キネマ旬報日本映画ベスト・テン第1位や第12回アジア・フィルム・アワードで最優秀監督賞を受賞した『映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ』(17年)を監督。また、TBSの連続ドラマ『おかしの家』(16年)の監督、舞台公演『宇宙船ドリーム号』(17年)の脚本、演出など、活動は多岐にわたる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです) プロローグ/第1部 二〇一八年、二〇一九年(変わった人との出会い/幼かった頃の思い出/内面考察/今の時代/映画のこと)/第2部 二〇二〇年/解説 ノイローゼになりそうな海外撮影、みっともなくも切ない少年時代の思い出、海外で出会った変わった人、社会にはびこる理不尽への静かな憤り、自身の内側に棲むもの、母のことー。日本を描く日本人として、社会や人を真面目に見つめる映画監督が、自身の「研究課題」について、圧倒的にやさしい目線で語る。雑誌「AERA」での人気連載「ウーハイあるいはウーロンハイ」に書き下ろしを加え、待望の単行本化。 本 エンタメ・ゲーム 映画 映画全般(日本) エンタメ・ゲーム その他

1870 円 (税込 / 送料込)

販売店:楽天ブックス