映画公開情報/劇場版 サンシャイン デイズ

劇場版 サンシャイン デイズ」をピックアップしてご紹介しています。

ぜひのぞいてみて下さい。

「2008年05月映画公開情報」特集ページに戻る

「2008年映画公開情報」特集ページに戻る

劇場版 サンシャイン デイズ

1978年夏、レコードデビューして3年の兄弟デュオ“BB”のサッチン(斉藤慶太)とリュウ(初芝崇史)は、一旦音楽活動を休止して茅か崎に戻る。そこで彼らは広大なお屋敷に住むお嬢様のひかり(西原亜希)と出会い、彼女の用心棒として屋敷に住み込むことになる。やがて彼らはガレージを改装して、気の合う仲間たちとカフェを開き……。

アイテム紹介

下記リンクから、さらに多くのアイテムを探すことができます。

【3980円以上で送料無料】サンシャインデイズ 劇場版|中古DVD【中古】

サンシャインデイズ 劇場版|中古DVD【中古】

監督喜多一郎出演者西原亜希/斉藤慶太/初芝崇史/三津谷葉子収録時間106分制作2008年/日本メーカーポニーキャニオン品番PCBP71695/中古DVD/レンタル版備考■商品説明『ライフ・オン・ザ・ロングボード』の喜多一郎監督が、78年の夏を舞台に湘南サウンド満載で贈る青春ラブロマンス。太陽のように明るい少女・ひかりとミュージシャンの兄弟、リュウとサッチンが織り成す輝かしい日々を描く。中古DVDレンタル落 掲載されている商品画像はイメージですので、実物のジャケット画像とは異なる場合があります。 複数商品をお買い上げで同梱発送の場合でも メール便での発送がご利用いただけます!全巻もOK! (全国一律送料200円 ゆうメール便) 全巻セットでもモチロン、メール便OK! ぜひぜひ選んで見てくださいね! ※新品ケースを同時購入の場合は宅配便での発送となります。 <新品ケースをご希望の方はこちらから>

780 円 (税込 / 送料別)

販売店:スマイルDVD 本店 楽天市場店

【レンタル落ち中古品】【3500円以上で送料無料】サンシャインデイズ 劇場版 /西原亜希 斉藤慶太【中古】【邦画】中古DVD

サンシャインデイズ 劇場版 /西原亜希 斉藤慶太【中古】【邦画】中古DVD

【注意】 ● レンタル落ちの中古商品になります。詳しくは商品についてのご案内ページをご覧ください。 ● 掲載されている画像はイメージです。実際の商品とは異なる場合が御座います。 ● お買い求めの前に「商品について」をご確認いただきました後、ご検討ください。

250 円 (税込 / 送料別)

販売店:テックシアター

【メール便不可能】【中古レンタルアップ】 DVD ドラマ サンシャイン・デイズ 全3巻+劇場版 計4巻セット 西原亜希

【中古レンタルアップ】 DVD ドラマ サンシャイン・デイズ 全3巻+劇場版 計4巻セット 西原亜希

機種【DVD】こちらは「中古レンタルアップ品」となります。こちらの商品はレンタルアップ品のため、ディスクやパッケージにシールや傷、破れや日焼けがある場合がございます。商品によっては非レンタル版(中古品)の場合もございます。※ケースはレンタル用のケースのままの場合がございます。 初期動作確認済みでございます。※商品によっては、お届けまでに多少のお時間をいただく場合がございます。以上ご了承ください。

5980 円 (税込 / 送料別)

販売店:シルバーリーフ 楽天市場店

【中古】サンシャインデイズ~劇場版 [DVD]

【中古】サンシャインデイズ~劇場版 [DVD]

【中古】サンシャインデイズ~劇場版 [DVD]【メーカー名】ポニーキャニオン【メーカー型番】【ブランド名】ポニーキャニオン【商品説明】サンシャインデイズ~劇場版 [DVD]当店では初期不良に限り、商品到着から7日間は返品を 受付けております。他モールとの併売品の為、完売の際はご連絡致しますのでご了承ください。中古品の商品タイトルに「限定」「初回」「保証」などの表記がありましても、特典・付属品・保証等は付いておりません。品名に【import】【輸入】【北米】【海外】等の国内商品でないと把握できる表記商品について国内のDVDプレイヤー、ゲーム機で稼働しない場合がございます。予めご了承の上、購入ください。掲載と付属品が異なる場合は確認のご連絡をさせていただきます。ご注文からお届けまで1、ご注文⇒ご注文は24時間受け付けております。2、注文確認⇒ご注文後、当店から注文確認メールを送信します。3、お届けまで3~10営業日程度とお考えください。4、入金確認⇒前払い決済をご選択の場合、ご入金確認後、配送手配を致します。5、出荷⇒配送準備が整い次第、出荷致します。配送業者、追跡番号等の詳細をメール送信致します。6、到着⇒出荷後、1~3日後に商品が到着します。 ※離島、北海道、九州、沖縄は遅れる場合がございます。予めご了承下さい。お電話でのお問合せは少人数で運営の為受け付けておりませんので、メールにてお問合せお願い致します。営業時間 月~金 11:00~17:00お客様都合によるご注文後のキャンセル・返品はお受けしておりませんのでご了承ください。

5480 円 (税込 / 送料別)

販売店:お取り寄せ本舗 KOBACO

【中古】 湘南サウンド青春グラフィティ サンシャインデイズ~劇場版 /西原亜希,斉藤慶太,初芝崇史,喜多一郎(監督),黒沢秀樹(音楽) 【中古】afb

【中古】 湘南サウンド青春グラフィティ サンシャインデイズ~劇場版 /西原亜希,斉藤慶太,初芝崇史,喜多一郎(監督),黒沢秀樹(音楽) 【中古】afb

西原亜希,斉藤慶太,初芝崇史,喜多一郎(監督),黒沢秀樹(音楽)販売会社/発売会社:(株)ポニーキャニオン((株)ポニーキャニオン)発売年月日:2008/08/20JAN:49880135968491978年、夏。兄弟デュオ“BB”と出会ったひかりは、茅ヶ崎にカフェをオープン。湘南ポップ・カルチャーの原点となっていく……。喜多一郎監督が、70年代サウンドを満載して描き出す湘南青春グラフィティ。

798 円 (税込 / 送料別)

販売店:ブックオフオンライン楽天市場店

【レンタル落ち中古品】【3500円以上で送料無料】サンシャインデイズ TVドラマ版 全3巻+劇場版【全4巻セット】西原亜希 斉藤慶太 初芝崇史【中古】全巻【邦画】中古DVD

サンシャインデイズ TVドラマ版 全3巻+劇場版【全4巻セット】西原亜希 斉藤慶太 初芝崇史【中古】全巻【邦画】中古DVD

【注意】 ● レンタル落ちの中古商品になります。詳しくは商品についてのご案内ページをご覧ください。 ● 掲載されている画像はイメージです。実際の商品とは異なる場合が御座います。 ● お買い求めの前に「商品について」をご確認いただきました後、ご検討ください。

2700 円 (税込 / 送料別)

販売店:テックシアター

アンダー・ゼア・サム ブルックリンの青年が覗いたローリング・ストーンズの奥座敷【メール便不可商品】

アンダー・ゼア・サム ブルックリンの青年が覗いたローリング・ストーンズの奥座敷【メール便不可商品】

著者 ビル・ジャーマン 著/久保田祐子 訳メーカー:(株)リットーミュージックISBN:9784845636716四六判 厚さ2.9cm 560ページ僕の住む世界にはいつだってストーンズがいたファンジン制作を通じ、ローリング・ストーンズにすべてを捧げた青年が、間近で見たメンバーの素顔や巨大ロック・バンドの内実を描いた青春ノンフィクション!10歳でローリング・ストーンズのファンになり、1978年、ハイスクール時代にこっそり忍び込んだ学校の印刷室でファンジン第1号を発行。〈ベガーズ・バンケット〉と題されたそのミニコミは、やがてローリング・ストーンズのメンバーにも認められ、遂にはバンドの公式ニュースレターに! しかし80年代以降、肥大化していくロック・ビジネスの流れのなかで、メンバーとは近いのにバンドは遠い存在になっていく......。まるで目の前にキースやミックがいるかのような生き生きとした筆致で描かれる、涙と笑いの青春ノンフィクション!【CONTENTS】第1章 ブルックリン横丁で芽生えた夢のファンジン第2章 卒業第3章 踊るリッツの夜第4章 ハンプトンで大暴れ第5章 友を待つ第6章 アップタウンのねぐらは害虫だらけ第7章 合併第8章 小鼠、大国に吠える第9章 毎度お馴染み、怪しいヤツら第10章 たった独りのいい野郎ども第11章 愛やら希望やらセックスやら夢第12章 最後に笑うのは......第13章 すべての物語に絵を......第14章 サンシャイン・ボーイズ第15章 川を越えて森(ウッド)の深みへ第16章 ニューヨークから生放送第17章 カエルの子はカエル第18章 おかしな関係 ビル&ジェーン第19章 拾う神第20章 誠意を賭けた大博打第21章 砦の番人第22章 新しい時代への片道切符第23章 ほとけ第24章 天の邪鬼を憐れむ歌第25章 ロック界のラスプーチン第26章 ミックとキースを徹底精神分析第27章 ラジオ・デイズ第28章 フェイク・ニュース第29章 言葉の迷宮第30章 弱肉強食の世界へいらっしゃい第31章 ストーンズまでの隔たり第32章 何石投じても一鳥も得ず第33章 かわいい子には、よじれ旅第34章 墓石ブルース第35章 キースに解き放たれて第36章 ベンに首ったけ第37章 呪わしきツアー理念第38章 ラスベガス万才第39章 ビバリーヒルズの憂うつ第40章 フランクに生きる道エピローグ 無間地獄からの旅立ち著者プロフィールビル・ジャーマン1962年、ニューヨーク市ブルックリン生まれ。10歳でローリング・ストーンズのアルバム『ゲット・ヤー・ヤ・ヤズ・アウト!』を初めて聴いて人生がひっくり返る。ストーンズの日常を逐一レポートすべく、自作のファンジン〈ベガーズ・バンケット〉を立ち上げたのが16歳。ニューヨーク大学でジャーナリズムを専攻したのも束の間、ストーンズを追っかけるために中退する。やがてバンド・メンバーたちも注目するようになった〈ベガーズ・バンケット〉がストーンズの公式ニュースレターになると、ジャーマンもストーンズに伴って世界を旅するようになり、メンバーたちの自宅にも招き入れられる。ギタリストのロン・ウッドと『The Works』を共著し、ローリング・ストーン誌やスピン誌にストーンズ関連の記事を書いたジャーマンは、ボストンのWZLX、ロサンゼルスのKLOS、デトロイトのWCSX、ニューヨークのWNEWやK-ROCKなど全米のラジオ局でもストーンズをレポートしてきた。彼を囲んだ特集も、MTVやVH1で組まれている。現在もマンハッタンで暮らすジャーマンは、ヤンキー・スタジアムが'ベイブ・ルース御殿'と呼ばれているのにちなんで、自身のワンルームマンションを'ストーンズ御殿'と呼ぶ。著書の日本語版がついに出版されて非常に喜んでおり、近々、また日本を訪れたいと願っている。池田 祐司(監修)1953年北海道生まれ。日本ローリング・ストーンズ・ファンクラブ代表。元はザ・ビートルズのファンだったが、友人の勧めでストーンズに傾倒しファンクラブ活動に参加。1973年ストーンズの日本公演が中止になったのを機に、9月ロンドン公演を初体感。爾来、ストーンズのライヴ活動に夢中になり、世界各国でおよそ300回のライヴを鑑賞。ストーンズの魅力を啓蒙し伝承するために多方面にわたり日々奮闘している。著者ビル・ジャーマン氏とは30年来の友人関係にあり、ニューヨークの彼のアパートを数回訪問したことがある。好きなアルバムは『ゲット・ユア・ヤーヤズ・アウト』、好きな曲は「ジャンピン・ジャック・フラッシュ」。久保田 祐子(翻訳)1961年東京生まれ。10歳でローリング・ストーンズの魅力にとりつかれる。ストーンズのドキュメンタリー映画『オレ!オレ!オレ! ア・トリップ・アクロス・ラテン・アメリカ』の劇場版字幕翻訳を手がけたほか、共訳書に『U2 BY U2』などがあり、映画パンフレット用の翻訳を多くこなす。ストーンズ・メンバーの中で唯一しゃべった相手がチャーリー・ワッツというのがプチ自慢。ストーンズ東京ドーム公演ではたいてい最前列で盛り上げている。好きなアルバムは『ラヴ・ユー・ライヴ』、好きな曲は「ウィンター」。編集担当より一言本書は、翻訳を手がけた久保田祐子さんからの持ち込み企画としてスタートしました。正直、熱心なストーンズ・ファンではなかった自分ですが、実際に原稿を読んで、編集を担当することを決意した3つの理由をご紹介します。1つ目はローリング・ストーンズという大きなテーマはあるものの、普遍的な青春物語になっている点。手書きのチープな体裁だったファンジンがやがてバンド公式として認められていく様子は夢がありますが、同時にバンドと「近くなりすぎた故の苦悩」も描かれており、ストーンズのファンならずとも感情移入して楽しめます。2つ目は、その「感情移入した状態」で目の前に現れる世界屈指のロック・バンドのメンバーたちの生々しい姿です。まるでメンバーが自分に語りかけてくるような読書感を味わえます。これには熱心なファンならずともドキドキしてしまうでしょう。3つ目は80年代以降、極端に産業化していったロック・ミュージックを取り巻く状況も描かれている点です(それにより著者は翻弄されていきます)。いまやロック・コンサートのチケットが1万円を超えることは珍しくありませんが、ストーンズはチケットの高額化を牽引した存在の1つでした。本書は、ロック・バンドの存在とそのビジネスが肥大化していく様子を描き、サブカルチャー史として側面も併せ持ちます。上記の3つは、本書を熱心なストーンズ・ファンのみならず、ロック・ファン全般に推薦したいポイントでもあります。私は未見ですが、本書を評する際に『あの頃ペニー・レーンと』という映画を引き合いに出されることも多いそうです。最初から最後まで飽きさせない、560ページの青春物語をぜひ楽しんでみてください!(編集担当/服部健)

2750 円 (税込 / 送料別)

販売店:エイブルマート

【中古】 電撃G’s magazine(2019年2月号) 月刊誌/KADOKAWA 【中古】afb

【中古】 電撃G’s magazine(2019年2月号) 月刊誌/KADOKAWA 【中古】afb

KADOKAWA販売会社/発売会社:KADOKAWA発売年月日:2018/12/27JAN:4910164590292[SPECIAL]●ラブライブ!サンシャイン!!-Aqours 4thシングル センターポジション総選挙が1月4日より開催!メンバー9人から総選挙に向けての意気込みコメントを要チェック♪劇場版直前最新情報もお見逃しなく!◆バンドリ!◆RELEASE THE SPYCE◆天華百剣◆ソードアート・オンライン アリシゼーション/[GAME]◆オンゲキ◆結城友奈は勇者である 花結いのきらめき◆あいりすミスティリア!~少女のつむぐ夢の秘跡~◆ガールフレンド(仮)/[COMIC]◆ウルトラ怪獣擬人化計画 ギャラクシー☆デイズ◆ラブライブ!School idol diary~春色バレンタイン☆~/…ほか

110 円 (税込 / 送料別)

販売店:ブックオフオンライン楽天市場店

書籍[書籍] アンダー・ゼア・サム ブルックリンの青年が覗いたローリング・ストーンズの奥座敷【10,000円以上送料無料】(アンダーゼアサムブルックリンノセイネンガノゾイタローリングストーンズノオクザシキ)

[書籍] アンダー・ゼア・サム ブルックリンの青年が覗いたローリング・ストーンズの奥座敷【10,000円以上送料無料】(アンダーゼアサムブルックリンノセイネンガノゾイタローリングストーンズノオクザシキ)

ジャンル:書籍出版社: 潟潟bトーミュージック弊社に在庫がない場合の取り寄せ発送目安:1週間~10日解説:僕の住む世界にはいつだってストーンズがいた(br)ファンジン制作を通じ、ローリング・ストーンズにすべてを捧げた青年が、間近で見たメンバーの素顔や巨大ロック・バンドの内実を描いた青春ノンフィクション!(br)10歳でローリング・ストーンズのファンになり、1978年、ハイスクール時代にこっそり忍び込んだ学校の印刷室でファンジン第1号を発行。〈ベガーズ・バンケット〉と題されたそのミニコミは、やがてローリング・ストーンズのメンバーにも認められ、遂にはバンドの公式ニュースレターに! しかし80年代以降、肥大化していくロック・ビジネスの流れのなかで、メンバーとは近いのにバンドは遠い存在になっていく......。まるで目の前にキースやミックがいるかのような生き生きとした筆致で描かれる、涙と笑いの青春ノンフィクション!(br)(br)(br)【CONTENTS】(br)第1章 ブルックリン横丁で芽生えた夢のファンジン(br)第2章 卒業(br)第3章 踊るリッツの夜(br)第4章 ハンプトンで大暴れ(br)第5章 友を待つ(br)第6章 アップタウンのねぐらは害虫だらけ(br)第7章 合併(br)第8章 小鼠、大国に吠える(br)第9章 毎度お馴染み、怪しいヤツら(br)第10章 たった独りのいい野郎ども(br)第11章 愛やら希望やらセックスやら夢(br)第12章 最後に笑うのは......(br)第13章 すべての物語に絵を......(br)第14章 サンシャイン・ボーイズ(br)第15章 川を越えて森(ウッド)の深みへ(br)第16章 ニューヨークから生放送(br)第17章 カエルの子はカエル(br)第18章 おかしな関係 ビル&ジェーン(br)第19章 拾う神(br)第20章 誠意を賭けた大博打(br)第21章 砦の番人(br)第22章 新しい時代への片道切符(br)第23章 ほとけ(br)第24章 天の邪鬼を憐れむ歌(br)第25章 ロック界のラスプーチン(br)第26章 ミックとキースを徹底精神分析(br)第27章 ラジオ・デイズ(br)第28章 フェイク・ニュース(br)第29章 言葉の迷宮(br)第30章 弱肉強食の世界へいらっしゃい(br)第31章 ストーンズまでの隔たり(br)第32章 何石投じても一鳥も得ず(br)第33章 かわいい子には、よじれ旅(br)第34章 墓石ブルース(br)第35章 キースに解き放たれて(br)第36章 ベンに首ったけ(br)第37章 呪わしきツアー理念(br)第38章 ラスベガス万才(br)第39章 ビバリーヒルズの憂うつ(br)第40章 フランクに生きる道(br)エピローグ 無間地獄からの旅立ち(br)(br)著者プロフィール(br)ビル・ジャーマン(br)1962年、ニューヨーク市ブルックリン生まれ。10歳でローリング・ストーンズのアルバム『ゲット・ヤー・ヤ・ヤズ・アウト!』を初めて聴いて人生がひっくり返る。ストーンズの日常を逐一レポートすべく、自作のファンジン〈ベガーズ・バンケット〉を立ち上げたのが16歳。ニューヨーク大学でジャーナリズムを専攻したのも束の間、ストーンズを追っかけるために中退する。やがてバンド・メンバーたちも注目するようになった〈ベガーズ・バンケット〉がストーンズの公式ニュースレターになると、ジャーマンもストーンズに伴って世界 キするようになり、メンバーたちの自宅にも招き入れられる。ギタリストのロン・ウッドと『The Works』を共著し、ローリング・ストーン誌やスピン誌にストーンズ関連の記事を書いたジャーマンは、ボストンのWZLX、ロサンゼルスのKLOS、デトロイトのWCSX、ニューヨークのWNEWやK-ROCKなど全米のラジオ局でもストーンズをレポートしてきた。彼を囲んだ特集も、MTVやVH1で組まれている。現在もマンハッタンで暮らすジャーマンは、ヤンキー・スタジアムが’ベイブ・ルース御殿’と呼ばれているのにちなんで、自身のワンルームマンションを’ストーンズ御殿’と呼ぶ。著書の日本語版がついに出版されて非常に喜んでおり、近々、また日本を訪れたいと願っている。(br)(br)池田 祐司(監修)(br)1953年北海道生まれ。日本ローリング・ストーンズ・ファンクラブ代表。元はザ・ビートルズのファンだったが、友人の勧めでストーンズに傾倒しファンクラブ活動に参加。1973年ストーンズの日本公演が中止になったのを機に、9月ロンドン公演を初体感。爾来、ストーンズのライヴ活動に夢中になり、世界各国でおよそ300回のライヴを鑑賞。ストーンズの魅力を啓蒙し伝承するために多方面にわたり日々奮闘している。著者ビル・ジャーマン氏とは30年来の友人関係にあり、ニューヨークの彼のアパートを数回訪問したことがある。好きなアルバムは『ゲット・ユア・ヤーヤズ・アウト』、好きな曲は「ジャンピン・ジャック・フラッシュ」。(br)(br)久保田 祐子(翻訳)(br)1961年東京生まれ。10歳でローリング・ストーンズの魅力にとりつかれる。ストーンズのドキュメンタリー映画『オレ!オレ!オレ! ア・トリップ・アクロス・ラテン・アメリカ』の劇場版字幕翻訳を手がけたほか、共訳書に『U2 BY U2』などがあり、映画パンフレット用の翻訳を多くこなす。ストーンズ・メンバーの中で唯一しゃべった相手がチャーリー・ワッツというのがプチ自慢。ストーンズ東京ドーム公演ではたいてい最前列で盛り上げている。好きなアルバムは『ラヴ・ユー・ライヴ』、好きな曲は「ウィンター」。(br)(br)編集担当より一言(br)本書は、翻訳を手がけた久保田祐子さんからの持ち込み企画としてスタートしました。正直、熱心なストーンズ・ファンではなかった自分ですが、実際に原稿を読んで、編集を担当することを決意した3つの理由をご紹介します。(br)(br)1つ目はローリング・ストーンズという大きなテーマはあるものの、普遍的な青春物語になっている点。手書きのチープな体裁だったファンジンがやがてバンド公式として認められていく様子は夢がありますが、同時にバンドと「近くなりすぎた故の苦悩」も描かれており、ストーンズのファンならずとも感情移入して楽しめます。(br)2つ目は、その「感情移入した状態」で目の前に現れる世界屈指のロック・バンドのメンバーたちの生々しい姿です。まるでメンバーが自分に語りかけてくるような読書感を味わえます。これには熱心なファンならずともドキドキしてしまうでしょう。(br)3つ目は80年代以降、極端に産業化していったロック・ミュージックを取り巻く状況も描かれている点です(それにより著者は翻弄されていきます)。いまやロック・コンサートのチケットが1万円を超えることは珍しくありませんが、ストーンズはチケットの高額化を牽引した存在の1つでした。本書は、ロック・バンドの存在とそのビジネスが肥大化していく様子を描き、サブカルチャー史として側面も併せ持ちます。(br)(br)上記の3つは、本書を熱心なストーンズ・ファンのみならず、ロック・ファン全般に推薦したいポイントでもあります。私は未見ですが、本書を評する際に『あの頃ペニー・レーンと』という映画を引き合いに出されることも多いそうです。最初から最後まで飽きさせない、560ページの青春物語をぜひ楽しんでみてください!(br)(編集担当/服部健)こちらの商品は他店舗同時販売しているため在庫数は変動する場合がございます。9,091円以上お買い上げで送料無料です。

2750 円 (税込 / 送料別)

販売店:ロケットミュージック 楽譜EXPRESS

アンダー・ゼア・サム ブルックリンの青年が覗いたローリング・ストーンズの奥座敷 / リットーミュージック

アンダー・ゼア・サム ブルックリンの青年が覗いたローリング・ストーンズの奥座敷 / リットーミュージック

評論・エッセイ・読み物・その他【詳細情報】僕の住む世界にはいつだってストーンズがいたファンジン制作を通じ、ローリング・ストーンズにすべてを捧げた青年が、間近で見たメンバーの素顔や巨大ロック・バンドの内実を描いた青春ノンフィクション!10歳でローリング・ストーンズのファンになり、1978年、ハイスクール時代にこっそり忍び込んだ学校の印刷室でファンジン第1号を発行。〈ベガーズ・バンケット〉と題されたそのミニコミは、やがてローリング・ストーンズのメンバーにも認められ、遂にはバンドの公式ニュースレターに! しかし80年代以降、肥大化していくロック・ビジネスの流れのなかで、メンバーとは近いのにバンドは遠い存在になっていく......。まるで目の前にキースやミックがいるかのような生き生きとした筆致で描かれる、涙と笑いの青春ノンフィクション!【CONTENTS】第1章 ブルックリン横丁で芽生えた夢のファンジン第2章 卒業第3章 踊るリッツの夜第4章 ハンプトンで大暴れ第5章 友を待つ第6章 アップタウンのねぐらは害虫だらけ第7章 合併第8章 小鼠、大国に吠える第9章 毎度お馴染み、怪しいヤツら第10章 たった独りのいい野郎ども第11章 愛やら希望やらセックスやら夢第12章 最後に笑うのは......第13章 すべての物語に絵を......第14章 サンシャイン・ボーイズ第15章 川を越えて森(ウッド)の深みへ第16章 ニューヨークから生放送第17章 カエルの子はカエル第18章 おかしな関係 ビル&ジェーン第19章 拾う神第20章 誠意を賭けた大博打第21章 砦の番人第22章 新しい時代への片道切符第23章 ほとけ第24章 天の邪鬼を憐れむ歌第25章 ロック界のラスプーチン第26章 ミックとキースを徹底精神分析第27章 ラジオ・デイズ第28章 フェイク・ニュース第29章 言葉の迷宮第30章 弱肉強食の世界へいらっしゃい第31章 ストーンズまでの隔たり第32章 何石投じても一鳥も得ず第33章 かわいい子には、よじれ旅第34章 墓石ブルース第35章 キースに解き放たれて第36章 ベンに首ったけ第37章 呪わしきツアー理念第38章 ラスベガス万才第39章 ビバリーヒルズの憂うつ第40章 フランクに生きる道エピローグ 無間地獄からの旅立ち著者プロフィールビル・ジャーマン1962年、ニューヨーク市ブルックリン生まれ。10歳でローリング・ストーンズのアルバム『ゲット・ヤー・ヤ・ヤズ・アウト!』を初めて聴いて人生がひっくり返る。ストーンズの日常を逐一レポートすべく、自作のファンジン〈ベガーズ・バンケット〉を立ち上げたのが16歳。ニューヨーク大学でジャーナリズムを専攻したのも束の間、ストーンズを追っかけるために中退する。やがてバンド・メンバーたちも注目するようになった〈ベガーズ・バンケット〉がストーンズの公式ニュースレターになると、ジャーマンもストーンズに伴って世界を旅するようになり、メンバーたちの自宅にも招き入れられる。ギタリストのロン・ウッドと『The Works』を共著し、ローリング・ストーン誌やスピン誌にストーンズ関連の記事を書いたジャーマンは、ボストンのWZLX、ロサンゼルスのKLOS、デトロイトのWCSX、ニューヨークのWNEWやK-ROCKなど全米のラジオ局でもストーンズをレポートしてきた。彼を囲んだ特集も、MTVやVH1で組まれている。現在もマンハッタンで暮らすジャーマンは、ヤンキー・スタジアムが'ベイブ・ルース御殿'と呼ばれているのにちなんで、自身のワンルームマンションを'ストーンズ御殿'と呼ぶ。著書の日本語版がついに出版されて非常に喜んでおり、近々、また日本を訪れたいと願っている。池田 祐司(監修)1953年北海道生まれ。日本ローリング・ストーンズ・ファンクラブ代表。元はザ・ビートルズのファンだったが、友人の勧めでストーンズに傾倒しファンクラブ活動に参加。1973年ストーンズの日本公演が中止になったのを機に、9月ロンドン公演を初体感。爾来、ストーンズのライヴ活動に夢中になり、世界各国でおよそ300回のライヴを鑑賞。ストーンズの魅力を啓蒙し伝承するために多方面にわたり日々奮闘している。著者ビル・ジャーマン氏とは30年来の友人関係にあり、ニューヨークの彼のアパートを数回訪問したことがある。好きなアルバムは『ゲット・ユア・ヤーヤズ・アウト』、好きな曲は「ジャンピン・ジャック・フラッシュ」。久保田 祐子(翻訳)1961年東京生まれ。10歳でローリング・ストーンズの魅力にとりつかれる。ストーンズのドキュメンタリー映画『オレ!オレ!オレ! ア・トリップ・アクロス・ラテン・アメリカ』の劇場版字幕翻訳を手がけたほか、共訳書に『U2 BY U2』などがあり、映画パンフレット用の翻訳を多くこなす。ストーンズ・メンバーの中で唯一しゃべった相手がチャーリー・ワッツというのがプチ自慢。ストーンズ東京ドーム公演ではたいてい最前列で盛り上げている。好きなアルバムは『ラヴ・ユー・ライヴ』、好きな曲は「ウィンター」。編集担当より一言本書は、翻訳を手がけた久保田祐子さんからの持ち込み企画としてスタートしました。正直、熱心なストーンズ・ファンではなかった自分ですが、実際に原稿を読んで、編集を担当することを決意した3つの理由をご紹介します。1つ目はローリング・ストーンズという大きなテーマはあるものの、普遍的な青春物語になっている点。手書きのチープな体裁だったファンジンがやがてバンド公式として認められていく様子は夢がありますが、同時にバンドと「近くなりすぎた故の苦悩」も描かれており、ストーンズのファンならずとも感情移入して楽しめます。2つ目は、その「感情移入した状態」で目の前に現れる世界屈指のロック・バンドのメンバーたちの生々しい姿です。まるでメンバーが自分に語りかけてくるような読書感を味わえます。これには熱心なファンならずともドキドキしてしまうでしょう。3つ目は80年代以降、極端に産業化していったロック・ミュージックを取り巻く状況も描かれている点です(それにより著者は翻弄されていきます)。いまやロック・コンサートのチケットが1万円を超えることは珍しくありませんが、ストーンズはチケットの高額化を牽引した存在の1つでした。本書は、ロック・バンドの存在とそのビジネスが肥大化していく様子を描き、サブカルチャー史として側面も併せ持ちます。上記の3つは、本書を熱心なストーンズ・ファンのみならず、ロック・ファン全般に推薦したいポイントでもあります。私は未見ですが、本書を評する際に『あの頃ペニー・レーンと』という映画を引き合いに出されることも多いそうです。最初から最後まで飽きさせない、560ページの青春物語をぜひ楽しんでみてください!(編集担当/服部健)・著者 ビル・ジャーマン 著/久保田祐子 訳・版型:四六判・総ページ数:560・ISBNコード:9784845636716・出版年月日:2021/09/25【島村管理コード:15120210922】

2750 円 (税込 / 送料別)

販売店:島村楽器 楽譜便

【中古】 電撃G’s magazine(2019年3月号) 月刊誌/KADOKAWA 【中古】afb

【中古】 電撃G’s magazine(2019年3月号) 月刊誌/KADOKAWA 【中古】afb

KADOKAWA販売会社/発売会社:KADOKAWA発売年月日:2019/01/30JAN:4910164590391[SPECIAL]●ライブライブ!サンシャイン!!-完全新作劇場版、大ヒット上映中!劇場版の見どころを最新カットとともに要チェック♪/◆Sister Princess/◆RELEASE THE SPYCE/◆天華百剣/◆ソードアート・オンライン アリシゼーション/◆BanG Dream!/[ANIME]◆バミューダトライアングル~カラフル・パストラーレ~/[GAME]◆ぷちぐるラブライブ!◆結城友奈は勇者である 花結いのきらめき◆あいりすミスティリア!~少女のつむぐ夢の秘跡~◆ガールフレンド(仮)◆オルタナティブガールズ2/[COMIC]◆ウルトラ怪獣擬人化計画 ギャラクシー☆デイズ/◆ラブライブ!School idol diary~春色バレンタイン☆~/…ほか

110 円 (税込 / 送料別)

販売店:ブックオフオンライン楽天市場店