「インテリア小物・置物 > 花瓶」の商品をご紹介します。

木村宏造 備前花入 備前焼 共箱 銘在り 伝統工芸 花瓶 花器 陶芸 一陽窯 茶道具 本物保証 43345tj【中古】【あす楽 店頭受取対応商品 販売】zz

古美術骨董品和風インテリア和物木村宏造 備前花入 備前焼 共箱 銘在り 伝統工芸 花瓶 花器 陶芸 一陽窯 茶道具 本物保証 43345tj【中古】【あす楽 店頭受取対応商品 販売】zz

当店販売の美術品作品は全て真作を 保証しておりますのでご安心してご購入ください ※詳しくはこちらの真作保証についてをご確認ください ★値下げ交渉可能品★多数ございます お気軽にお問合せください ※商品名に ★値下げ交渉可能品★ と入っている物のみが対象品ですのでご注意ください 商品説明作者木村宏造作品名備前花入付属品共箱寸法高さ:約28cm 幅:約13.5cm銘底部に掻き銘あり状態良好ストア管理番号200730-1-43345tj送料グループ2備考- ※当商品は中古品になりますので中古品の性質をよくご理解していただいた上ご購入ください ※飾った状態で確認できるマイナスポイントがない場合良好とさせていただいております。 画像を良くご覧になり、全文を最後までお読みになってから、ご納得の上でご購入ください。 ※一部複製画や模写等の販売もございます。商品説明、画像等よくご覧になってご購入ください。 ※こちらの商品は店頭販売もしておりますので万が一品切れの場合ご了承ください。■ご購入商品の額縁が不要な方は廃棄料2,000円(税込)にて承ります。 ■現物に近い色合いを出せるようにしておりますがモニター環境の違い等による差異はご了承ください。 ■額縁等はあくまでも付帯品としてお考えください。販売しているのは作品そのものですので、額・箱等に関する購入後のクレームはご遠慮ください。 ■万一お届け商品が下記の項目に該当する場合、商品到着後7日以内にご連絡ください。誠意をもって早急に対応させていただきます。 ※お届け商品が、ご注文の品と違った場合。 ※商品の寸法などが、商品説明と著しく違う場合。(多少の誤差はこれに該当しません) ※真作・本物保証にもかかわらず、真作・本物でなかった場合。 ※お届け商品が、破損していた場合。 ■ご不明な点がございましたらお気軽に御質問下さい。 ※お寄せ頂いた御質問には当方にわかる範囲にて回答させていただきます ※なお、メールの送受信、質問への回答、電話でのお問い合わせは 10:30~18:00 までとなりますのでご了承下さい ※現品をご覧になりたい方は、店舗と倉庫が離れておりますので ご到着3時間前までにお電話でご連絡頂いた上、お気軽にご来店ください※ ◇◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◇◇◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◇ おたからや美術画廊神奈川県横浜市神奈川区鶴屋町3-33-7 横浜OSビル1階営業時間 10:00~19:00(日曜のみ18:00まで)tel:045-459-9592 ◇◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◇◇◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◇横浜駅西口より徒歩6~7分です。

4612 円 (税込 / 送料込)

柴岡紘一 耳付花器 備前焼 共箱 銘あり 耳付 花入 花生 花瓶 飾り壷 装飾 飾り物 本物保証 47034og【中古】【あす楽 店頭受取対応商品 新着販売】

古美術骨董品和風インテリア和物柴岡紘一 耳付花器 備前焼 共箱 銘あり 耳付 花入 花生 花瓶 飾り壷 装飾 飾り物 本物保証 47034og【中古】【あす楽 店頭受取対応商品 新着販売】

当店販売の美術品作品は全て真作を 保証しておりますのでご安心してご購入ください ※詳しくはこちらの真作保証についてをご確認ください ★値下げ交渉可能品★多数ございます お気軽にお問合せください ※商品名に ★値下げ交渉可能品★ と入っている物のみが対象品ですのでご注意ください 商品説明 作者 柴岡紘一 作品名 耳付花器 付属品 共箱、共布、陶歴 寸法 高さ:約22.5cm 幅:約18cm 銘 底部に掻き銘あり 状態 良好 ストア管理番号 200930-7-47034og 送料 グループ3 備考 - ※当商品は中古品になりますので中古品の性質をよくご理解していただいた上ご購入ください ※飾った状態で確認できるマイナスポイントがない場合良好とさせていただいております。 画像を良くご覧になり、全文を最後までお読みになってから、ご納得の上でご購入ください。 ※一部複製画や模写等の販売もございます。商品説明、画像等よくご覧になってご購入ください。 ※こちらの商品は店頭販売もしておりますので万が一品切れの場合ご了承ください。■ご購入商品の額縁が不要な方は廃棄料2,000円(税込)にて承ります。 ■現物に近い色合いを出せるようにしておりますがモニター環境の違い等による差異はご了承ください。 ■額縁等はあくまでも付帯品としてお考えください。販売しているのは作品そのものですので、額・箱等に関する購入後のクレームはご遠慮ください。 ■万一お届け商品が下記の項目に該当する場合、商品到着後7日以内にご連絡ください。誠意をもって早急に対応させていただきます。 ※お届け商品が、ご注文の品と違った場合。 ※商品の寸法などが、商品説明と著しく違う場合。(多少の誤差はこれに該当しません) ※真作・本物保証にもかかわらず、真作・本物でなかった場合。 ※お届け商品が、破損していた場合。 ■ご不明な点がございましたらお気軽に御質問下さい。 ※お寄せ頂いた御質問には当方にわかる範囲にて回答させていただきます ※なお、メールの送受信、質問への回答、電話でのお問い合わせは 10:30~18:00 までとなりますのでご了承下さい ※現品をご覧になりたい方は、店舗と倉庫が離れておりますので ご到着3時間前までにお電話でご連絡頂いた上、お気軽にご来店ください※ ◇◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◇◇◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◇ おたからや美術画廊神奈川県横浜市神奈川区鶴屋町3-33-7 横浜OSビル1階営業時間 10:00~19:00(日曜のみ18:00まで)tel:045-459-9592 ◇◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◇◇◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◇横浜駅西口より徒歩6~7分です。

5775 円 (税込 / 送料込)

最終値下げ 武用真 備前大壷 備前焼 共箱 掻き銘 師:藤原楽山 直径約32cm 華道具 茶道具 本物保証 41265nn【中古】【あす楽 店頭受取対応商品 販売】zz

古美術骨董品和風インテリア和物最終値下げ 武用真 備前大壷 備前焼 共箱 掻き銘 師:藤原楽山 直径約32cm 華道具 茶道具 本物保証 41265nn【中古】【あす楽 店頭受取対応商品 販売】zz

当店販売の美術品作品は全て真作を 保証しておりますのでご安心してご購入ください ※詳しくはこちらの真作保証についてをご確認ください ★値下げ交渉可能品★多数ございます お気軽にお問合せください ※商品名に ★値下げ交渉可能品★ と入っている物のみが対象品ですのでご注意ください 商品説明 作者 武用真 作品名 備前大壷 焼 備前焼 付属品 共箱・黄布 寸法 高さ:約30.5cm 直径:約32cm 口径:約14cm 銘 底部に掻き銘あり 状態 良好 ストア管理番号 200416-14-41265nn 送料 グループ4 備考 --- ※当商品は中古品になりますので中古品の性質をよくご理解していただいた上ご購入ください ※飾った状態で確認できるマイナスポイントがない場合良好とさせていただいております。 画像を良くご覧になり、全文を最後までお読みになってから、ご納得の上でご購入ください。 ※一部複製画や模写等の販売もございます。商品説明、画像等よくご覧になってご購入ください。 ※こちらの商品は店頭販売もしておりますので万が一品切れの場合ご了承ください。■ご購入商品の額縁が不要な方は廃棄料2,000円(税込)にて承ります。 ■現物に近い色合いを出せるようにしておりますがモニター環境の違い等による差異はご了承ください。 ■額縁等はあくまでも付帯品としてお考えください。販売しているのは作品そのものですので、額・箱等に関する購入後のクレームはご遠慮ください。 ■万一お届け商品が下記の項目に該当する場合、商品到着後7日以内にご連絡ください。誠意をもって早急に対応させていただきます。 ※お届け商品が、ご注文の品と違った場合。 ※商品の寸法などが、商品説明と著しく違う場合。(多少の誤差はこれに該当しません) ※真作・本物保証にもかかわらず、真作・本物でなかった場合。 ※お届け商品が、破損していた場合。 ■ご不明な点がございましたらお気軽に御質問下さい。 ※お寄せ頂いた御質問には当方にわかる範囲にて回答させていただきます ※なお、メールの送受信、質問への回答、電話でのお問い合わせは 10:30~18:00 までとなりますのでご了承下さい ※現品をご覧になりたい方は、店舗と倉庫が離れておりますので ご到着3時間前までにお電話でご連絡頂いた上、お気軽にご来店ください※ ◇◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◇◇◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◇ おたからや美術画廊神奈川県横浜市神奈川区鶴屋町3-33-7 横浜OSビル1階営業時間 10:00~19:00(日曜のみ18:00まで)tel:045-459-9592 ◇◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◇◇◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◇横浜駅西口より徒歩6~7分です。

11000 円 (税込 / 送料込)

備前焼作家「石井総」花入れ

【和風・和モダン・花瓶・お祝い・結婚祝・ギフト・プレゼント】備前焼作家「石井総」花入れ

当店では、お客様に安心してお買い物をして頂けるよう、掲載しております写真の作品その物をお送りしています。 サイズ 直径:約9.5cm 高さ:約9.8cm ご注意 ご利用の環境によっては、色合いが実物と若干異なって見える場合がございます。ご理解お願いいたします。 ・備前焼作家「石井総」氏の作品。登り窯にてしっかりと焼かれた花入れです。 ・作品全体に模様が綺麗に出ています。桟切りといわれる備前焼の技法で作られた作品。正面のオレンジ色の模様が魅力的です。 ・備前の花入れは、水替えが少なくて良いというメリットもあります。お花の持ちもとても良いです。 ・底には制作作家の印が入っています。

5500 円 (税込 / 送料別)

備前焼 焼締め 手付花器 作家:今野春雄

備前焼 焼締め 手付花器 作家:今野春雄

茨城県笠間の今野春雄先生の作品 重厚感と斬新さを併せ持つ手付の花器(花瓶)。 幅約20cm、高さ40cmの花器です。 【今野春雄 陶歴】 昭和27年 岩手県に生まれる 昭和47年 備前にて伊勢崎満、柴岡紘一両氏に師事す 昭和51年 益子に独立す 昭和57年 登り窯を築窯 昭和62年 笠間に登り窯を築窯、移る 「焼締め」は、主に備前焼・伊賀焼・信楽焼・丹波焼・常滑焼、南蛮焼などが有名です。 焼締め、焼締、焼き締め、焼き〆、焼〆、やきしめ2011年3月の東日本大震災と福島原発事故による放射能汚染は、日本の伝統文化である陶芸の世界にも多大な影響を与えました。 陶芸家にとって窯は命より大切なものといいます。 その窯が地震で倒壊。 窯を再建できても薪が汚染され、高騰、入手が困難になり、多くの陶芸家が廃業しました。 不景気も重なり、残された陶芸家も厳しい経済状況が続いています。 私達は日本の土、技術、伝統を守り、そして世界に発信する思いを秘めて、これまでの作品の美しさに機能性を備えた陶芸作品を研究・開発しています。 還元力のある和食器や花器の完成を目指して! 水道水の場合、発癌性物質である塩素(トリハロメタン)など色々な薬液が使われており、酸化還元電位(ORP)が非常に高い数値になっています。 酸化とは、物質が電子や水素を失っている状態をいい、錆や老化、病気を促進します。 入浴後に女性が化粧水を使うのは、水道水による酸化予防のためです。 私達は、微生物と土に拘り、これまでに2回、陶芸作家今野春雄先生による登り窯1260℃前後で、七日間に及んで高温焼成して頂き、ナチュラルに還元力を高めた和食器や花器の研究を行っています。 湯呑なら毎日健康的な白湯を飲むことができるようになります。 花器ならば花が長持ちするようになります。 土鍋や甕の構想もあり、酵素玄米御飯や漬物など醗酵調理の研究も進めていく予定です。 割れてしまった場合も捨てずに還元石として、水筒や食材の保存容器、お風呂や畑などに利用することができるようになります。 これまでにORP580mVある水道水をガラス、ステンレス、飛竜の陶磁器に入れて90分後に測定した結果、ガラスは532mV、ステンレスは478mV、飛竜の陶磁器は218mV、更に180分後は159mVまで還元させることができたのですが、作品によっては還元率が低いものもあり、はっきりとした還元性についてまだ説明することができませんので、今回も今野春雄先生の作品としての商品販売となります。 前回の作品も短期間で完売となりましたので、ご興味のある方はお早めにお買い求め下さい。 炻器:せっきの「炻」は国字(日本で考案された漢字)。 本来英語の"Stone ware"の訳語。 土器と陶器、陶器と磁器の中間的な性質を持ち、陶器や磁器にはない魅力を持った焼き物で、半磁器とも呼ばれていますが、現代の多くは焼締めと呼んでいます。 飛竜では今野春雄先生の意向により「焼〆」と表記しています。 一般の陶器の多くは素地(きじ)に吸水性があるので釉薬をかけますが、焼〆は窯を使い、薪や藁を燃料に約一週間1200~1300℃で高温焼成するので、素地に含まれる長石が液状化し、固まるので吸水性がなくなることから、釉薬の必要性がありません。 土の成分や灰のかぶり方により起こる不測の変化を「窯変」と呼び、土そのままの二つとない景色(色合いや模様)を楽しめます。 景色には4つの呼び方があります。 ●作品に藁(アルカリ)を撒いて焼成し、土の成分を還元させてグレー色にすることを「サンギリ」といいます。 ●作品に藁(アルカリ)を撒いて焼成し、土の成分である鉄(酸性)によって赤色に変色させたものを「火襷(ひだすき)」といいます。 ●作品に付着した灰が溶けて、黄色や緑色の胡麻ペーストのようにできる自然釉を「ゴマ」と呼び、形状から「ゴマ」「カセゴマ」「糸ゴマ」などと呼び分けています。 ●作品に大量の灰がかぶり溶岩が冷えて固まったような状態を「灰かぶり」といいます。 主な原料に使われる土には珪酸、鉄を多く含んでいるので、赤褐色か黒褐色をしています。 焼〆は飲物が美味しくなります。 焼〆の器(うつわ)は、岡山大学の研究結果からは遠赤外線が放出されるのが確認されており、熟成を促進する効果がある他に、表面が多孔質であるため、細孔分布が多いことにより、孔に含まれている空気やイオンが水やお茶など飲物をまろやかに美味しくします。 ビールは炭酸ガスが気化しやすくなるので、泡立ちが良く、極めが細かい泡になり、泡も長持ちして、美味しく頂けるので、状態の変化が一番わかりやすい飲物です。 但し、ケミカルな成分をナチュラル転換する特徴については、味の好みに個人差がありますことはご理解下さい。 焼〆は花が長持ちします。 ガラスの花瓶にずっと水を入れておくと滑り(ヌメリ)が生じ、水カビが発生しますが、焼〆の花器は水がきれいな状態を維持するので、滑りやカビが発生しにくく、花が長持ちします。 作品はすべて今野春雄先生による手造りであり、土の成分や灰のかぶり方により、唯一無二の景色(色合いや模様)になります。 よって、画像で紹介しているものは参考であり、景色や若干の寸法に違いがあることを御理解の上、御購入下さい。 この商品以外にも陶磁器やガラス食器など多数販売しておりますので是非ご覧下さい。

88000 円 (税込 / 送料別)

備前焼 焼締め スイング 花器 1個 作家:今野春雄

備前焼 焼締め スイング 花器 1個 作家:今野春雄

茨城県笠間の今野春雄先生の作品 美しい色合いと愛嬌のある形が特徴のスイング花器(花瓶、一輪挿し)。 写真は3本掲載してありますが、お届けは1本になります。 底の幅約12cm、高さ30cmの花器です。 【今野春雄 陶歴】 昭和27年 岩手県に生まれる 昭和47年 備前にて伊勢崎満、柴岡紘一両氏に師事す 昭和51年 益子に独立す 昭和57年 登り窯を築窯 昭和62年 笠間に登り窯を築窯、移る 「焼締め」は、主に備前焼・伊賀焼・信楽焼・丹波焼・常滑焼、南蛮焼などが有名です。 焼締め、焼締、焼き締め、焼き〆、焼〆、やきしめ2011年3月の東日本大震災と福島原発事故による放射能汚染は、日本の伝統文化である陶芸の世界にも多大な影響を与えました。 陶芸家にとって窯は命より大切なものといいます。 その窯が地震で倒壊。 窯を再建できても薪が汚染され、高騰、入手が困難になり、多くの陶芸家が廃業しました。 不景気も重なり、残された陶芸家も厳しい経済状況が続いています。 私達は日本の土、技術、伝統を守り、そして世界に発信する思いを秘めて、これまでの作品の美しさに機能性を備えた陶芸作品を研究・開発しています。 還元力のある和食器や花器の完成を目指して! 水道水の場合、発癌性物質である塩素(トリハロメタン)など色々な薬液が使われており、酸化還元電位(ORP)が非常に高い数値になっています。 酸化とは、物質が電子や水素を失っている状態をいい、錆や老化、病気を促進します。 入浴後に女性が化粧水を使うのは、水道水による酸化予防のためです。 私達は、微生物と土に拘り、これまでに2回、陶芸作家今野春雄先生による登り窯1260℃前後で、七日間に及んで高温焼成して頂き、ナチュラルに還元力を高めた和食器や花器の研究を行っています。 湯呑なら毎日健康的な白湯を飲むことができるようになります。 花器ならば花が長持ちするようになります。 土鍋や甕の構想もあり、酵素玄米御飯や漬物など醗酵調理の研究も進めていく予定です。 割れてしまった場合も捨てずに還元石として、水筒や食材の保存容器、お風呂や畑などに利用することができるようになります。 これまでにORP580mVある水道水をガラス、ステンレス、飛竜の陶磁器に入れて90分後に測定した結果、ガラスは532mV、ステンレスは478mV、飛竜の陶磁器は218mV、更に180分後は159mVまで還元させることができたのですが、作品によっては還元率が低いものもあり、はっきりとした還元性についてまだ説明することができませんので、今回も今野春雄先生の作品としての商品販売となります。 前回の作品も短期間で完売となりましたので、ご興味のある方はお早めにお買い求め下さい。 炻器:せっきの「炻」は国字(日本で考案された漢字)。 本来英語の"Stone ware"の訳語。 土器と陶器、陶器と磁器の中間的な性質を持ち、陶器や磁器にはない魅力を持った焼き物で、半磁器とも呼ばれていますが、現代の多くは焼締めと呼んでいます。 飛竜では今野春雄先生の意向により「焼〆」と表記しています。 一般の陶器の多くは素地(きじ)に吸水性があるので釉薬をかけますが、焼〆は窯を使い、薪や藁を燃料に約一週間1200~1300℃で高温焼成するので、素地に含まれる長石が液状化し、固まるので吸水性がなくなることから、釉薬の必要性がありません。 土の成分や灰のかぶり方により起こる不測の変化を「窯変」と呼び、土そのままの二つとない景色(色合いや模様)を楽しめます。 景色には4つの呼び方があります。 ●作品に藁(アルカリ)を撒いて焼成し、土の成分を還元させてグレー色にすることを「サンギリ」といいます。 ●作品に藁(アルカリ)を撒いて焼成し、土の成分である鉄(酸性)によって赤色に変色させたものを「火襷(ひだすき)」といいます。 ●作品に付着した灰が溶けて、黄色や緑色の胡麻ペーストのようにできる自然釉を「ゴマ」と呼び、形状から「ゴマ」「カセゴマ」「糸ゴマ」などと呼び分けています。 ●作品に大量の灰がかぶり溶岩が冷えて固まったような状態を「灰かぶり」といいます。 主な原料に使われる土には珪酸、鉄を多く含んでいるので、赤褐色か黒褐色をしています。 焼〆は飲物が美味しくなります。 焼〆の器(うつわ)は、岡山大学の研究結果からは遠赤外線が放出されるのが確認されており、熟成を促進する効果がある他に、表面が多孔質であるため、細孔分布が多いことにより、孔に含まれている空気やイオンが水やお茶など飲物をまろやかに美味しくします。 ビールは炭酸ガスが気化しやすくなるので、泡立ちが良く、極めが細かい泡になり、泡も長持ちして、美味しく頂けるので、状態の変化が一番わかりやすい飲物です。 但し、ケミカルな成分をナチュラル転換する特徴については、味の好みに個人差がありますことはご理解下さい。 焼〆は花が長持ちします。 ガラスの花瓶にずっと水を入れておくと滑り(ヌメリ)が生じ、水カビが発生しますが、焼〆の花器は水がきれいな状態を維持するので、滑りやカビが発生しにくく、花が長持ちします。 作品はすべて今野春雄先生による手造りであり、土の成分や灰のかぶり方により、唯一無二の景色(色合いや模様)になります。 よって、画像で紹介しているものは参考であり、景色や若干の寸法に違いがあることを御理解の上、御購入下さい。 この商品以外にも陶磁器やガラス食器など多数販売しておりますので是非ご覧下さい。

22000 円 (税込 / 送料別)

備前焼 花瓶 掛花入れ 壁掛け/花入れ/陶器/陶芸/ギフト/贈答/プレゼント

備前焼/花瓶/陶器/陶芸/備前焼 花瓶 掛花入れ 壁掛け/花入れ/陶器/陶芸/ギフト/贈答/プレゼント

備前焼の花瓶は水が腐りにくく お花が長持ち。 父の日・母の日・敬老の日・お誕生日など プレゼントや贈答品にもおすすめです。 また、海外へのお土産にも喜ばれます。 ---------------------------------- 【備前焼】 備前焼は、古墳時代の須恵器時代から造られたと伝えられています。 釉薬を一切使わず「酸化焔焼成」によって堅く締められた赤みの強い味わいや、 「窯変」によって生み出される一つとして同じものがない模様が特徴。 特に胡麻・棧切り・緋襷・牡丹餅は古くから賞美され、他の陶器には見られない素朴落着、野生味、豪快さを持ち蜜変、土味は備前焼独特の持ち味です。 「使い込むほどに味が出る」と言われ、派手さはないが飽きがこないのが特色です。 贈り物にも最適です。 サイズ 内径:約)2.6cm 外径:約)8cm 高さ:約)13.5cm 素材 備前土 注意 色・素材感につきましては、お客様がお使いのモニターにより見え方が異なります。ご了承くださいませ。 また、作品は全て手作りです。同じ模様の作品はありません。

4950 円 (税込 / 送料別)

備前焼 花瓶 花入れ/陶器/陶芸/ギフト/贈答/プレゼント

備前焼/花瓶/陶器/陶芸/備前焼 花瓶 花入れ/陶器/陶芸/ギフト/贈答/プレゼント

備前焼ならではのいろいろな焼きが出ているお品です 備前焼の花瓶は水が腐りにくく お花が長持ち。 父の日・母の日・敬老の日・お誕生日など プレゼントや贈答品にもおすすめです。 また、海外へのお土産にも喜ばれます。 ---------------------------------- 【備前焼】 備前焼は、古墳時代の須恵器時代から造られたと伝えられています。 釉薬を一切使わず「酸化焔焼成」によって堅く締められた赤みの強い味わいや、 「窯変」によって生み出される一つとして同じものがない模様が特徴。 特に胡麻・棧切り・緋襷・牡丹餅は古くから賞美され、他の陶器には見られない素朴落着、野生味、豪快さを持ち蜜変、土味は備前焼独特の持ち味です。 「使い込むほどに味が出る」と言われ、派手さはないが飽きがこないのが特色です。 贈り物にも最適です。 サイズ 内径:約)2.5cm 外径:約)3cm 高さ:約)13cm 素材 備前土 注意 色・素材感につきましては、お客様がお使いのモニターにより見え方が異なります。ご了承くださいませ。 また、作品は全て手作りです。同じ模様の作品はありません。

5500 円 (税込 / 送料別)

備前焼 花瓶 掛花入れ 壁掛け/花入れ/陶器/陶芸/ギフト/贈答/プレゼント

備前焼/花瓶/陶器/陶芸/備前焼 花瓶 掛花入れ 壁掛け/花入れ/陶器/陶芸/ギフト/贈答/プレゼント

備前焼の花瓶は水が腐りにくく お花が長持ち。 父の日・母の日・敬老の日・お誕生日など プレゼントや贈答品にもおすすめです。 また、海外へのお土産にも喜ばれます。 ---------------------------------- 【備前焼】 備前焼は、古墳時代の須恵器時代から造られたと伝えられています。 釉薬を一切使わず「酸化焔焼成」によって堅く締められた赤みの強い味わいや、 「窯変」によって生み出される一つとして同じものがない模様が特徴。 特に胡麻・棧切り・緋襷・牡丹餅は古くから賞美され、他の陶器には見られない素朴落着、野生味、豪快さを持ち蜜変、土味は備前焼独特の持ち味です。 「使い込むほどに味が出る」と言われ、派手さはないが飽きがこないのが特色です。 贈り物にも最適です。 サイズ 内径:約)5cm 外径:約)11cm 高さ:約)16cm 素材 備前土 注意 色・素材感につきましては、お客様がお使いのモニターにより見え方が異なります。ご了承くださいませ。 また、作品は全て手作りです。同じ模様の作品はありません。

4950 円 (税込 / 送料別)

備前焼 一輪挿し【A】 花瓶 花入れ/陶器/陶芸/ギフト/贈答/プレゼント

備前焼/花瓶/陶器/陶芸/備前焼 一輪挿し【A】 花瓶 花入れ/陶器/陶芸/ギフト/贈答/プレゼント

備前焼の花瓶は水が腐りにくく お花が長持ち。 父の日・母の日・敬老の日・お誕生日など プレゼントや贈答品にもおすすめです。 また、海外へのお土産にも喜ばれます。 ---------------------------------- 【備前焼】 備前焼は、古墳時代の須恵器時代から造られたと伝えられています。 釉薬を一切使わず「酸化焔焼成」によって堅く締められた赤みの強い味わいや、 「窯変」によって生み出される一つとして同じものがない模様が特徴。 特に胡麻・棧切り・緋襷・牡丹餅は古くから賞美され、他の陶器には見られない素朴落着、野生味、豪快さを持ち蜜変、土味は備前焼独特の持ち味です。 「使い込むほどに味が出る」と言われ、派手さはないが飽きがこないのが特色です。 贈り物にも最適です。 サイズ 最大直径(約)6cm 高さ約21.5cm 素材 備前土 注意 色・素材感につきましては、お客様がお使いのモニターにより見え方が異なります。ご了承くださいませ。 また、作品は全て手作りです。同じ模様の作品はありません。

3300 円 (税込 / 送料別)

備前焼 花瓶 花入れ/陶器/陶芸/ギフト/贈答/プレゼント

備前焼/花瓶/陶器/陶芸/備前焼 花瓶 花入れ/陶器/陶芸/ギフト/贈答/プレゼント

備前焼の花瓶は水が腐りにくく お花が長持ち。 『胡麻』模様は 胡麻のような粒がついているのが特徴。 『桟切(さんぎり)』模様は 黒色から灰青色などの色の変化が模様になっています。 父の日・母の日・敬老の日・お誕生日など プレゼントや贈答品にもおすすめです。 また、海外へのお土産にも喜ばれます。 ---------------------------------- 【備前焼】 備前焼は、古墳時代の須恵器時代から造られたと伝えられています。 釉薬を一切使わず「酸化焔焼成」によって堅く締められた赤みの強い味わいや、 「窯変」によって生み出される一つとして同じものがない模様が特徴。 特に胡麻・棧切り・緋襷・牡丹餅は古くから賞美され、他の陶器には見られない素朴落着、野生味、豪快さを持ち蜜変、土味は備前焼独特の持ち味です。 「使い込むほどに味が出る」と言われ、派手さはないが飽きがこないのが特色です。 贈り物にも最適です。 サイズ 内径:約4.5cm高さ約14.5cm 重量 約360g 素材 備前土 注意 色・素材感につきましては、お客様がお使いのモニターにより見え方が異なります。ご了承くださいませ。 また、作品は全て手作りです。同じ模様の作品はありません。

4400 円 (税込 / 送料別)

【備前焼/和食器/窯元/花器】 小西陶古 | ミニ花入れ【楽ギフ_包装】【楽ギフ_のし宛書】

父の日ギフト★備前焼★レビュー割対象商品和食器、ギフト、内祝い、お祝い、引き出物、贈答品などに【備前焼/和食器/窯元/花器】 小西陶古 | ミニ花入れ【楽ギフ_包装】【楽ギフ_のし宛書】

商品詳細 窯元名 小西陶古 商品名 ミニ花入れ サイズ 高さ約8cm×幅約9cm 商品説明 温か味のある緋色のミニ花入れです。備前焼の花入れは花がとても長持ちします。様々なスタイルのお部屋にマッチするデザイン、陶古窯の人気アイテム。 備考 紙箱入り 納期:3営業日内に発送 その他の対応 他の作品 この窯元の他の作品を見る 関連キーワード 備前焼、花器、花入れ、掛花入れ、緋襷、小西陶古 こちらの商品写真は見本でございます。 ご注文頂いた場合、同型の商品をお送りさせていただきます。 備前焼の特性上、見本写真とは、景色(焼き色)がひとつひとつ異なりますので予めご了承ください。小西陶古 代々作家の家系で、1926年に窯元を設立。 初代陶古は桟切の考案者として知られ、三村陶景と共同窯を経営する。 主な作品は、ろくろによる花器、壷のほか、薄いへらで表面を磨いた上手の鶴首一輪挿しなど。細工物も有名で、干支の置物、獅子、布袋などの七福神を手掛ける。「桟切の陶古」、「細工物の陶古」として知られている。

4371 円 (税込 / 送料別)

【備前焼/和食器/窯元/花器】 小西陶古 | 一輪挿し(桟切)【楽ギフ_包装】【楽ギフ_のし宛書】

父の日ギフト★備前焼★レビュー割対象商品和食器、ギフト、内祝い、お祝い、引き出物、贈答品などに【備前焼/和食器/窯元/花器】 小西陶古 | 一輪挿し(桟切)【楽ギフ_包装】【楽ギフ_のし宛書】

商品詳細 窯元名 小西陶古 商品名 一輪挿し(桟切) サイズ 高さ約21cm×口径約3cm 商品説明 人気の備前焼窯元による一輪挿しです。お部屋に上品な彩りを演出してくれます。 備考 紙箱入り 納期:3営業日内に発送 その他の対応 他の作品 この窯元の他の作品を見る 関連キーワード 備前焼、花器、花入れ、一輪挿し、桟切、小西陶古 こちらの商品写真は見本でございます。 ご注文頂いた場合、同型の商品をお送りさせていただきます。 備前焼の特性上、見本写真とは、景色(焼き色)がひとつひとつ異なりますので予めご了承ください。小西陶古 代々作家の家系で、1926年に窯元を設立。 初代陶古は桟切の考案者として知られ、三村陶景と共同窯を経営する。 主な作品は、ろくろによる花器、壷のほか、薄いへらで表面を磨いた上手の鶴首一輪挿しなど。細工物も有名で、干支の置物、獅子、布袋などの七福神を手掛ける。「桟切の陶古」、「細工物の陶古」として知られている。

7848 円 (税込 / 送料別)

備前焼 作家 正宗悟 花瓶 花入れ 窯変灰被り花入れ

備前焼 どうぞ、ご自身の趣味に、ご贈答にご利用くださいませ。 父の日 母の日 贈り物 ギフト プレゼント備前焼 作家 正宗悟 花瓶 花入れ 窯変灰被り花入れ

商品説明サイズ幅 約15.2cm 高さ 約25.5cm 材質陶器 備前焼 色 モニターの発色の具合によって実際のものと色が異なる場合ございます。備前焼作家 正宗 悟作 窯変灰被り花入れです。 先生は、2006年53歳という若さでお亡くなりになられています。 生前の窯出しでは、多くの業者さんが決められた時間に集まり、庭に広げられた作品の争奪戦を行っていました。 作品のクオリティーとリーズナブルのお値段で本当に人気のある作家さんでした。 作品は、ご覧の通り、全体が灰被りになっています。 酒呑みのように小さい作品には見られる景色ですが、この花入れのように大きい作品は、珍品だと思います。 ここまでスッポリと灰(熾き)の中に埋もれた状態にするにはかなりの量の薪を焚かないと出来ない景色です。 又、古来より「備前の水甕、水が腐らぬ」と言われ、 水が腐りにくいので、備前焼に活けられたお花は長持ちしますし、 お花を活けなくても、お部屋のインテリアとして楽しめる作品だと思います。 ※こちらの作品は1点ものですので、画像の作品を画像の桐箱に入れてお届けいたします。

55000 円 (税込 / 送料込)

【花器|花入】備前焼 花入れ(耳付き)【日展作家・岡本徹正/作】

【花器|花入】備前焼 花入れ(耳付き)【日展作家・岡本徹正/作】

備前焼の商品説明備前焼の花器です。備前焼の花入に生けたお花は「高遠赤外線効果」・「酸化還元作用」の効能により、水が腐りにくい為、通常の花入より長持ちします。又、備前焼独特の色彩がお花を一段と引きたてます。作品名備前焼 花器・花入れ(耳付き)サイズ口径約7cm 底部約14cm 耳付きの両端幅19cm 高さ約24cm重量2.3kg窯焚き種類登り窯陶芸作家岡本 徹正窯元山東窯(岡山県備前市)・興揚窯(岡山県加賀郡)・桜湖窯(岡山県久米郡)所属日展会友、現代工芸美術家協会本会員、現代工芸中国会常任委員、岡山日展会会員梱包形体紙箱 (桐箱対応可能商品:製作料金別途要~納期10日程度)お届けまでの目安決済完了後、3日~4日程度配送業者ヤマト運輸配送料金一律750円(税込) レビューを記載いただける方は送料無料!※一部地域追加料金 北海道・沖縄・一部離島追加500円同梱について備前焼の形状により同梱可能または不可能の場合がございます。ご注文後、当店よりご連絡しますご注文確認メールにてご案内させていただきます。模様・形状について備前焼は釉薬(うわぐすり)をかけない無釉焼物です。窯の中で偶然の積み重ねにより自然の力で成されます。その為一品限定となりますので、作品によって色、模様、形状は本ページ掲載の写真と異なる場合がございますので予めご留意願います。色合いについて備前焼の作品写真は出来る限り実物と同じ色合いになるように撮影を行っておりますが、ご使用のパソコン・液晶モニターのコントラスト設定等により実物と異なって見える場合がございます事ご了承ください。ご使用上の注意備前焼は良質な水と陶土により成形され長時間焼きしめていますので、ご利用の際、急熱・急冷には注意して 頂き、電子レンジやオーブン等、電子機器の使用はなるべく避けて下さい。 また、無釉のため表面がざらざらしている箇所がございます。テーブル等の上で滑らせた場合、傷付く事がありますのでご注意下さい。■久兵衛の取り扱い品目:備前焼/びぜんやき/ビゼンヤキ/神水焼/神水備前/しんすいびぜん/桜湖焼/おうこやき/岡本徹正/おかもとてつまさ/杉山典子/食器/酒器/花器/茶道具/湯呑/ビアマグ/ビアジョッキ/ビアタンブラー/徳利/とっくり/おちょこ/御猪口/ぐい呑み/コーヒーカップ/皿/ご飯茶碗/ピッチャー/梅壺/花入(シンプル)/花入(装飾付き)/水盤/抹茶茶碗/水指/茶入/水瓶/壷/日展型/水盤/香炉/日展型/遠赤玉/ネックレス/窯変/胡麻(ごま)/棧切り(さんぎり)/牡丹餅(ぼたもち)/緋襷(ひだすき)/青備前(あおびぜん)/黒備前(くろびぜん)/伏せ焼(ふせやき)/流れ胡麻/登り窯/桐箱/ギフト/御礼/御祝/内祝/結婚祝/贈答用/包装/ラッピング/備前焼のお求めは久兵衛まで >> 当店で購入した備前焼は商品到着後【こちら】よりレビューの投稿が出来ます。 お花を生ける事はもちろんのこと、置くだけで空間をも飾ってしまう備前焼の花入れ。その独特の色彩がお花を一段と引きたてます。「高遠赤外線効果」・「酸化還元作用」の効能により水が腐りにくいため、通常の花入れより長持ちします。 土と炎の芸術・・・備前焼 その力強さと美しさを追求し続け、日展と云う大きな舞台で努力を重ねその評価は多くの方に支持され日展連続入選を果たしております

30000 円 (税込 / 送料別)

塩備前の滑らかで白い焼き色が出ている、アートな花入れ☆備前焼 作家岡本白水作 塩備前 花入☆陶器/塩備前/花瓶/面白い造形

塩備前の滑らかで白い焼き色が出ている、アートな花入れ☆備前焼 作家岡本白水作 塩備前 花入☆陶器/塩備前/花瓶/面白い造形

備前焼 塩備前 花入 塩備前の特徴である白く滑らかな焼き上がりが出ている花入です。 側面に薄い削りを入れています。 面白い形の花瓶で、想像力をかきたてられます。 姿、景色のいい花入れです。 *塩備前 青備前とも云われ窯の火を止める寸前に塩を投入して焼いている備前でも珍しい焼きです。 高さ約 118mm 幅約 100mm 重さ約 400g 紙箱に包装をしてお届け致します。 《岡本白水 略歴》 1969年 岡山市に生まれる 15才より父である備前焼作家、 故岡本碧山に学ぶ 1996年 倉敷カトリック教会 陶板レリーフ「キリストの道行」制作 2000年 様々なアートと、備前焼とのジャンルを超えた融合を コンセプトに工房ヘキザン設立 備前焼で作った楽器による演奏会(陶音ライブ)を実施 岡山電気軌道 夏のイベント(風鈴電車)風鈴制作 現在作陶の傍ら、個展や岡山市内数ヵ所の公民館にて陶芸教室の講師等、幅広く活躍。 出来る限り実物に近い撮影・掲載を心がけておりますが、 お使いのPCの環境や携帯電話スマートフォン等、 色の見え方に若干の違いが生じる場合がございます。ご理解をお願いいたします。オブジェでもいいかも、面白い花入れです

5400 円 (税込 / 送料別)

【花器|一輪挿し】桜湖焼 花入れ(バラ模様付き)【岡山県美咲町特産品】

【花器|一輪挿し】桜湖焼 花入れ(バラ模様付き)【岡山県美咲町特産品】

桜湖焼の商品説明桜湖焼の花入です。桜湖焼は岡山県久米郡美咲町の山土・田土を使い、美咲町の町木桜の木を灰にして釉薬として窯でじっくり焼き締めらた美咲町の特産品です。その色は淡い黄ピンク色で、どこか心をなごませてくれる器です。作品名桜湖焼 バラ模様付き・花入れ(一輪挿し)サイズ上端幅約4cm 底部約6cm 高さ約14cm重量0.2kg窯焚き種類電気窯作杉山 典子窯元桜湖窯(岡山県久米郡)所属現代工芸美術家協会会員、現代工芸美術家協会中国会委員、焰和会事務局、岡本徹正陶芸教室講師、岡山県特別非常勤講師梱包形体紙箱 (桐箱対応可能商品:製作料金別途要~納期10日程度)お届けまでの目安決済完了後、3日~4日程度配送業者ヤマト運輸配送料金一律750円(税込)※一部地域追加料金 北海道・沖縄・一部離島追加500円【こちらの商品は「レビューを書いて送料無料」の対象外商品です。但し、他のレビュー記載で送料無料商品と同梱にてご注文を頂いた場合は送料無料となります】同梱について桜湖焼の形状により同梱可能または不可能の場合がございます。ご注文後、当店よりご連絡しますご注文確認メールにてご案内させていただきます。模様・形状について桜湖焼は窯の中で偶然の積み重ねにより自然の力で成されます。その為一品限定となりますので、作品によって色、模様、形状は本ページ掲載の写真と若干異なる場合がございますので予めご留意願います。色合いについて桜湖焼の作品写真は出来る限り実物と同じ色合いになるように撮影を行っておりますが、ご使用のパソコン・液晶モニターのコントラスト設定等により実物と異なって見える場合がございます事ご了承ください。ご使用上の注意桜湖焼は良質な水と岡山県久米郡三休の陶土により成形され長時間焼きしめていますので、ご利用の際、急熱・急冷には注意して 頂き、電子レンジやオーブン等、電子機器の使用はなるべく避けて下さい。 ■久兵衛の取り扱い品目:備前焼/びぜんやき/ビゼンヤキ/神水焼/神水備前/しんすいびぜん/桜湖焼/おうこやき/岡本徹正/おかもとてつまさ/杉山典子/食器/酒器/花器/茶道具/湯呑/ビアマグ/ビアカップ/ビアーグラス/ビアグラス/ビール/泡/クリーミー/ビアーマグ/ビアジョッキ/ビアタンブラー/徳利/とっくり/おちょこ/御猪口/ぐい呑み/コーヒーカップ/皿/ご飯茶碗/ピッチャー/梅壺/花入(シンプル)/花入(装飾付き)/水盤/抹茶茶碗/水指/茶入/水瓶/壷/日展型/水盤/香炉/日展型/遠赤玉/ネックレス/窯変/胡麻(ごま)/棧切り(さんぎり)/牡丹餅(ぼたもち)/緋襷(ひだすき)/青備前(あおびぜん)/黒備前(くろびぜん)/伏せ焼(ふせやき)/流れ胡麻/登り窯/桐箱/ギフト/御礼/御祝/内祝/結婚祝/贈答用/包装/ラッピング/備前焼のお求めは久兵衛まで 桜湖焼の花入れです。桜湖焼は岡山県久米郡美咲町の山土・田土を使い、美咲町の町木桜の木を灰にして釉薬として窯でじっくり焼き締めらた美咲町の特産品です。その色は淡い黄ピンク色で、どこか心をなごませてくれる器です。 伝統技術の魂を込めて素材を吟味し、手作業から生まれる心のこもった作品を皆様のお手元で、末永くご愛好していただければ幸いです。

2400 円 (税込 / 送料別)

花器 花瓶 花びん 一輪挿し 備前焼 竹花入(桟切)

花器 花入 花瓶 花びん 一輪挿し備前焼の素朴さが花を引き立てます花器 花瓶 花びん 一輪挿し 備前焼 竹花入(桟切)

花入 80×200 木箱 230×110×110備前焼とは 備前焼は、良質の陶土で一点づつ成形し、乾燥させたのち、絵付けもせず釉薬も使わ ずそのまま焼いたもので、土味がよく表れている焼き物です。 焼き味の景色は、胡麻・棧切り・緋襷・牡丹餅などの変化に富んでいますが、それらは作品の詰め方 や燃料である松割木の焚き方などの工夫と、千数百度の炎の力によって完成されたものです。 一点として同じ形も焼き味も同じものは無いと言えます。 幅約5メートル、全長54メートルの全国でも最大規模の伊部南大窯跡 備前焼の歴史 備前焼は、古墳時代の須恵器(すえき)の製法が次第に変化したもので、平安時代に熊山のふもとで 生活用器の碗・皿・盤や瓦などが生産されたのがその始まりといわれています。 鎌倉時代には、主に山土を主体とした粘土による壷・甕・擂鉢が多く作られましたが、この 頃から次第に現在の備前焼特有の赤褐色の焼肌のものが焼かれ始めました。 室町時代の終わり頃から、「ひよせ」と呼ばれる伊部の地から採取した粘土が使用されるよ うになり、成形にもロクロが用いられ量産ができるようになり、また半地下式の大形の穴窯が作られ たのです。 その後江戸時代になると藩の保護・統制もあり小規模の窯が統合され、南・北・西に本格的 に大規模な共同窯(大窯)が築かれ、窯元六姓(木村・森・頓宮・寺見・大饗・金重)による製造体制 が整いました。 一方製品も、室町時代以降作られた茶陶器や日常雑器の他に置物なども作られるようになり ます。これらの大窯による生産は以後江戸時代末期まで続くのですが、この頃京都・有田・瀬戸などで磁器 の生産が盛んに行われるようになり、備前焼は次第に圧迫されるようになりました。 明治から昭和初期に至る時期は苦しい時代でしたが、そのような時にも窯の火は絶えることなく様々 な努力は続けられました。この衰退した備前焼を現在の繁栄に導くきっかけを作ったのは金重陶陽で した。金重陶陽は昭和31年に国の重要無形文化財保持者(人間国宝)に指定され、これをきっかけに多くの 人々が努力を重ね低迷期を脱しました。またこの頃から国内だけでなく、 海外でも純日本的な備前焼の 人気が高まり、陶陽の死後も、藤原啓、山本陶秀、藤原雄、伊勢崎淳と人間国宝を輩出していくように なりました。 現在では伝統的な作風に加え、個性豊かな作品に至るまで作家や陶工によって 一点一点作られ続けています。 登り窯 高温で焼き上がる登り窯ならではの仕上がりをお楽しみください。 土を寝かせて熟成させます。 備前焼の土とは 備前焼の魅力である茶褐色の地肌は「田土(ひよせ)」と呼ばれる、たんぼの底(5m 以上掘る場合もある)から掘り起こした土と、山土・黒土を混ぜ合わせた鉄分を含む土で焼かれます 。土の配合にもある程度比率が存在しますが、各々の土を寝かす期間も存在し、出土する場所によっ ても成分が違ってきます。よって、作るには熟練の技が問われます。なお、金重陶陽は10年寝かせた 土を使っていたそうです。 備前焼の多彩な窯変 胡麻(ごま) 松割木の灰が焼成中に作品に付着し、胡麻をふりかけたような状態になったも のをいいます。作品の多くは、灰が多くかかる棚の上に置かれ、降りかかった灰が熱で溶けて流れた 状態のものを”玉だれ”といいます。今では、自然胡麻の他に人為的に胡麻を出すため灰を焼成前に 作品に付けて焼くこともできるようになりました。 棧切り(さんぎり) 窯床に置いてある作品が炭に埋もれ、直接炎があたらないことと、空気の流れが悪いことが 相まって還元焼成(いぶし焼きの状態)になったために生じる窯変で、ネズミ色・暗灰色・青色等に 発色します。今では自然棧切りの他に人為的に棧切りを出すために、木炭の科学作用を応用し、窯焚 きを止める直前に大量の木炭を投げ入れ、棧切りを作る方法(炭棧切り)も行われています。 牡丹餅(ぼたもち) 皿・鉢等の上に別の作品を置いて焼成し、その部分だけ火が当たらず赤く焼けたものをいい ます。 現在では、上に置く物を自分の好きな形にしたり、組み合わせて模様を作る場合もあります。 緋襷(ひだすき) 本来は大きな作品や「サヤ」の中に入れられた作品がくっつくのを防ぐため、ワラを間には さんだり巻いたりして焼いたものであり、ワラの成分と粘土の鉄分が科学反応をおこし、緋色の線が 現れたものをいいます。 今では、電気窯で焼成することも多くなりました。 青備前(あおびぜん) サヤ等に入れられ、特定の場所で高い熱によって煙と一緒にいぶし焼にしたため、青灰色に なったものを言います。また、炭に埋もれてしまっても青く焼き上がり、自然青とか天然青とかいわ れています。今ではこのような青備前を人工的に科学変化によって作る為に窯を密閉することによっ て青灰色に焼成することもできます。また、焼き上がる直前に窯の中に食塩を投げ入れて作る塩備前 もできます。 伏せ焼(ふせやき) 蕪徳利・壷等に多く見られるもので、作品の上に別の作品をかぶせて焼くことにより、上下 の焼けが異なった色に分かれているものをいいます。作品の中には伏せた部分がワラにより緋襷にな っているものもあります。 備前焼の七不思議 1.投げても割れぬ、備前すり鉢 備前焼は、釉薬をかけず裸のまま、約2週間前後1200度以上の高温で焼き締めるため、強度が他の焼 き物に比べると高いレベルにあります。それがゆえに、「投げても割れぬ・・・・」と言われるよう になりました。 2.冷たいビール、温かいお茶 備前焼は内部が緻密な組織をしているために比熱が大きくなります。そのため保温力が強く熱しにく く、冷めにくくなります。 3.きめ細かな泡で、うまいビール 備前焼には繊細な凸凹があり発泡能力が高いことから、泡はきめ細かく泡の寿命が長いことからより 美味しく飲むことができます。 4.長時間おくと、うまい酒に 備前焼の内部に微細な気孔があるため、若干の通気性が生じます。そのため酒の酵母菌の働きが活発 になり熟成効果が期待されます。 これにより、酒、ウイスキー、ワインの香りが高くまろやかで、こ くのある味に変身します。 5.新鮮でうまい料理が食せる 備前焼は、他の焼き物に比べ表面の小さい凸凹が多いため、食物が皿肌に密着しないので取りやすく 、又水分の蒸発力が弱いので乾燥を防ぎ、新鮮さを保ちます。 6.花瓶の花が長もち 備前焼には微細な機構と若干の通気性があるため、長時間生きた水の状態が保たれ花が長もちします 。 7.使うことで、落ち着いた肌ざわり 備前焼の表面の微細な凸凹が、より使い込むことにより角が段々と取れ、使えば使うほど落ちついた 味わいを増します。 ※丁寧な手作り作品の為、まとまった数量は納品までに1~2ヶ月かかる場合もございます。お早めにお申し込み下さいませ。 ご注文時のご注意 備前焼の「窯変」とは、窯の中の状況によって器の素地や釉薬が偶然に起こす変化の事で、同じ窯で同じ時に焼かれても、窯の中で置かれた場所の違いで、炎の当たり方や灰の掛かり具合が変わってくるために、一つとして同じ模様にはなりません。したがって、実際にお届けする商品は写真のものとは、模様の出方や、多少のフォルムの違いなどがございます。ご注文の際は、こちらの事柄を十分にご理解下さいませ。気になさるお客様のご注文は恐縮ですが、お控え下さいませ。

9680 円 (税込 / 送料別)

-553-黄ゴマ、自然釉。焼き色、形、共に面白い仕上がりの花入れです☆備前焼 作家岡本白水作 花入れ☆陶器/花器/自然釉/素晴らしい造形/岡山伝統工芸

-553-黄ゴマ、自然釉。焼き色、形、共に面白い仕上がりの花入れです☆備前焼 作家岡本白水作 花入れ☆陶器/花器/自然釉/素晴らしい造形/岡山伝統工芸

備前焼 花入 大変焼き色のいい花入です。黄ゴマ、緋襷、自然釉がでています。 形も面白い花瓶です。口部分、横と斜めの削り、土の感じを出した底部も面白い作りです。 高さ約 176mm 幅 約 104mm 口内径約 45mm 重さ約 526g 紙箱に包装をしてお届け致します。 《岡本白水 略歴》 1969年 岡山市に生まれる 15才より父である備前焼作家、 故岡本碧山に学ぶ 1996年 倉敷カトリック教会 陶板レリーフ「キリストの道行」制作 2000年 様々なアートと、備前焼とのジャンルを超えた融合を コンセプトに工房ヘキザン設立 備前焼で作った楽器による演奏会(陶音ライブ)を実施 岡山電気軌道 夏のイベント(風鈴電車)風鈴制作 現在作陶の傍ら、個展や岡山市内数ヵ所の公民館にて陶芸教室の講師等、幅広く活躍。 出来る限り実物に近い撮影・掲載を心がけておりますが、 お使いのPCの環境や携帯電話スマートフォン等、 色の見え方に若干の違いが生じる場合がございます。ご理解をお願いいたします。形、焼き色共に素晴らしい備前花入れです

4880 円 (税込 / 送料別)

花瓶 花入 一輪挿し 花器 フラワーベース 備前焼 柴岡守作 壷(大)(守-10)

花瓶 花入 一輪挿し 花器 フラワーベース 備前焼 送料無料花瓶 花入 一輪挿し 花器 フラワーベース 備前焼 柴岡守作 壷(大)(守-10)

壷 280×270 桐箱 備前焼 柴岡守作 窯変徳利36,750円 備前焼 柴岡守作 窯変酒呑12,600円 備前焼 柴岡守作 酒注15,750円 備前焼 柴岡守作 ビアマグ2客15,750円 備前焼 柴岡守作 横手急須(大)22,050円 > 備前焼 柴岡守作 壷(小)52,500円 備前焼 柴岡守作 壷(中)73,500円 備前焼 柴岡守作 壷(大)105,000円柴岡 守 プロファイル 1951年、備前市伊部生まれ。柴岡一海の次男。 1973年に独立し同年県展に初入選。 伝統工芸展入賞、備前焼、日本工芸会正会員。 壺、花器、酒器、茶器、食器などを手がける。成形はろくろとたたらづくりで、登窯と穴窯を使い分け、焼きに心を配る。 備前焼とは 備前焼は、良質の陶土で一点づつ成形し、乾燥させたのち、絵付けもせず釉薬も使わ ずそのまま焼いたもので、土味がよく表れている焼き物です。 焼き味の景色は、胡麻・棧切り・緋襷・牡丹餅などの変化に富んでいますが、それらは作品の詰め方 や燃料である松割木の焚き方などの工夫と、千数百度の炎の力によって完成されたものです。 一点として同じ形も焼き味も同じものは無いと言えます。 幅約5メートル、全長54メートルの全国でも最大規模の伊部南大窯跡 備前焼の歴史 備前焼は、古墳時代の須恵器(すえき)の製法が次第に変化したもので、平安時代に熊山のふもとで 生活用器の碗・皿・盤や瓦などが生産されたのがその始まりといわれています。 鎌倉時代には、主に山土を主体とした粘土による壷・甕・擂鉢が多く作られましたが、この 頃から次第に現在の備前焼特有の赤褐色の焼肌のものが焼かれ始めました。 室町時代の終わり頃から、「ひよせ」と呼ばれる伊部の地から採取した粘土が使用されるよ うになり、成形にもロクロが用いられ量産ができるようになり、また半地下式の大形の穴窯が作られ たのです。 その後江戸時代になると藩の保護・統制もあり小規模の窯が統合され、南・北・西に本格的 に大規模な共同窯(大窯)が築かれ、窯元六姓(木村・森・頓宮・寺見・大饗・金重)による製造体制 が整いました。 一方製品も、室町時代以降作られた茶陶器や日常雑器の他に置物なども作られるようになり ます。これらの大窯による生産は以後江戸時代末期まで続くのですが、この頃京都・有田・瀬戸などで磁器 の生産が盛んに行われるようになり、備前焼は次第に圧迫されるようになりました。 明治から昭和初期に至る時期は苦しい時代でしたが、そのような時にも窯の火は絶えることなく様々 な努力は続けられました。この衰退した備前焼を現在の繁栄に導くきっかけを作ったのは金重陶陽で した。金重陶陽は昭和31年に国の重要無形文化財保持者(人間国宝)に指定され、これをきっかけに多くの 人々が努力を重ね低迷期を脱しました。またこの頃から国内だけでなく、 海外でも純日本的な備前焼の 人気が高まり、陶陽の死後も、藤原啓、山本陶秀、藤原雄、伊勢崎淳と人間国宝を輩出していくように なりました。 現在では伝統的な作風に加え、個性豊かな作品に至るまで作家や陶工によって 一点一点作られ続けています。 登り窯 高温で焼き上がる登り窯ならではの仕上がりをお楽しみください。 土を寝かせて熟成させます。 備前焼の土とは 備前焼の魅力である茶褐色の地肌は「田土(ひよせ)」と呼ばれる、たんぼの底(5m 以上掘る場合もある)から掘り起こした土と、山土・黒土を混ぜ合わせた鉄分を含む土で焼かれます 。土の配合にもある程度比率が存在しますが、各々の土を寝かす期間も存在し、出土する場所によっ ても成分が違ってきます。よって、作るには熟練の技が問われます。なお、金重陶陽は10年寝かせた 土を使っていたそうです。 備前焼の多彩な窯変 胡麻(ごま) 松割木の灰が焼成中に作品に付着し、胡麻をふりかけたような状態になったも のをいいます。作品の多くは、灰が多くかかる棚の上に置かれ、降りかかった灰が熱で溶けて流れた 状態のものを”玉だれ”といいます。今では、自然胡麻の他に人為的に胡麻を出すため灰を焼成前に 作品に付けて焼くこともできるようになりました。 棧切り(さんぎり) 窯床に置いてある作品が炭に埋もれ、直接炎があたらないことと、空気の流れが悪いことが 相まって還元焼成(いぶし焼きの状態)になったために生じる窯変で、ネズミ色・暗灰色・青色等に 発色します。今では自然棧切りの他に人為的に棧切りを出すために、木炭の科学作用を応用し、窯焚 きを止める直前に大量の木炭を投げ入れ、棧切りを作る方法(炭棧切り)も行われています。 牡丹餅(ぼたもち) 皿・鉢等の上に別の作品を置いて焼成し、その部分だけ火が当たらず赤く焼けたものをいい ます。 現在では、上に置く物を自分の好きな形にしたり、組み合わせて模様を作る場合もあります。 緋襷(ひだすき) 本来は大きな作品や「サヤ」の中に入れられた作品がくっつくのを防ぐため、ワラを間には さんだり巻いたりして焼いたものであり、ワラの成分と粘土の鉄分が科学反応をおこし、緋色の線が 現れたものをいいます。 今では、電気窯で焼成することも多くなりました。 青備前(あおびぜん) サヤ等に入れられ、特定の場所で高い熱によって煙と一緒にいぶし焼にしたため、青灰色に なったものを言います。また、炭に埋もれてしまっても青く焼き上がり、自然青とか天然青とかいわ れています。今ではこのような青備前を人工的に科学変化によって作る為に窯を密閉することによっ て青灰色に焼成することもできます。また、焼き上がる直前に窯の中に食塩を投げ入れて作る塩備前 もできます。 伏せ焼(ふせやき) 蕪徳利・壷等に多く見られるもので、作品の上に別の作品をかぶせて焼くことにより、上下 の焼けが異なった色に分かれているものをいいます。作品の中には伏せた部分がワラにより緋襷にな っているものもあります。 備前焼の七不思議 1.投げても割れぬ、備前すり鉢 備前焼は、釉薬をかけず裸のまま、約2週間前後1200度以上の高温で焼き締めるため、強度が他の焼 き物に比べると高いレベルにあります。それがゆえに、「投げても割れぬ・・・・」と言われるよう になりました。 2.冷たいビール、温かいお茶 備前焼は内部が緻密な組織をしているために比熱が大きくなります。そのため保温力が強く熱しにく く、冷めにくくなります。 3.きめ細かな泡で、うまいビール 備前焼には繊細な凸凹があり発泡能力が高いことから、泡はきめ細かく泡の寿命が長いことからより 美味しく飲むことができます。 4.長時間おくと、うまい酒に 備前焼の内部に微細な気孔があるため、若干の通気性が生じます。そのため酒の酵母菌の働きが活発 になり熟成効果が期待されます。 これにより、酒、ウイスキー、ワインの香りが高くまろやかで、こ くのある味に変身します。 5.新鮮でうまい料理が食せる 備前焼は、他の焼き物に比べ表面の小さい凸凹が多いため、食物が皿肌に密着しないので取りやすく 、又水分の蒸発力が弱いので乾燥を防ぎ、新鮮さを保ちます。 6.花瓶の花が長もち 備前焼には微細な機構と若干の通気性があるため、長時間生きた水の状態が保たれ花が長もちします 。 7.使うことで、落ち着いた肌ざわり 備前焼の表面の微細な凸凹が、より使い込むことにより角が段々と取れ、使えば使うほど落ちついた 味わいを増します。 ※丁寧な手作り作品の為、まとまった数量は納品までに1~2ヶ月かかる場合もございます。お早めにお申し込み下さいませ。 ご注文時のご注意 備前焼の「窯変」とは、窯の中の状況によって器の素地や釉薬が偶然に起こす変化の事で、同じ窯で同じ時に焼かれても、窯の中で置かれた場所の違いで、炎の当たり方や灰の掛かり具合が変わってくるために、一つとして同じ模様にはなりません。したがって、実際にお届けする商品は写真のものとは、模様の出方や、多少のフォルムの違いなどがございます。ご注文の際は、こちらの事柄を十分にご理解下さいませ。気になさるお客様のご注文は恐縮ですが、お控え下さいませ。

110000 円 (税込 / 送料込)

備前焼花器 日本工芸会正会員 赤毛敏男作【あす楽対応】【送料無料】【smtb-kd】

ギフト推奨品備前焼花器 日本工芸会正会員 赤毛敏男作【あす楽対応】【送料無料】【smtb-kd】

あす楽対象外地域(下記地域はあす楽に対応していません) 北海道 全域 東北 全域 信越 佐渡市 関東 伊豆諸島・小笠原諸島 九州 長崎県(北松浦郡小値賀町、五島市、西海市崎戸町平島・江島、佐世保市宇久町、対馬市、長崎市伊王島町・高島町、平戸市大島村、南松浦郡) 鹿児島県(奄美市、大島郡、鹿児島郡、熊毛郡、薩摩川内市里町・上甑町・下甑町・鹿島町、西之表市) 沖縄県 全域 ■ 商品詳細 ■ 【サイズ】 広い部分 径14.5cm×高さ25.7cm 【備考】 共箱・共布・栞付■ 備前焼花器 赤毛敏男作 ■ 花うつりは最高!! 作家は人間国宝山本陶秀の内弟子 赤毛敏男(あかも としお)氏 オーソドクスな耳付花入れですが一味違います。 ギフトにもとても好評です。(桐箱付) ■ 作家略歴 ■ 赤毛敏男 ( あかも としお )日本工芸会正会員 昭和34年広島県府中市生まれ 昭和57年 人間国宝山本陶秀の内弟子 となり指導を受ける。 日本伝統工芸展4回、茶の湯造形展4回、朝日陶芸展、など入選多数

26400 円 (税込 / 送料込)

備前焼花器 日本工芸会正会員 赤毛敏男作【あす楽対応】【送料無料】【smtb-kd】

ギフト推奨品備前焼花器 日本工芸会正会員 赤毛敏男作【あす楽対応】【送料無料】【smtb-kd】

あす楽対象外地域(下記地域はあす楽に対応していません) 北海道 全域 東北 全域 信越 佐渡市 関東 伊豆諸島・小笠原諸島 九州 長崎県(北松浦郡小値賀町、五島市、西海市崎戸町平島・江島、佐世保市宇久町、対馬市、長崎市伊王島町・高島町、平戸市大島村、南松浦郡) 鹿児島県(奄美市、大島郡、鹿児島郡、熊毛郡、薩摩川内市里町・上甑町・下甑町・鹿島町、西之表市) 沖縄県 全域 ■ 商品詳細 ■ 【サイズ】 巾23cm×高さ31.5cm 【備考】 共箱・共布・栞付■ 備前焼花器 赤毛敏男作 ■ 花うつりは最高! 形も楽しめる 見ごたえのある備前花器です。 非常に手の込んだ驚きの作品です。 作家は人間国宝山本陶秀の内弟子 赤毛敏男(あかも としお)氏 ギフトにもとても好評です。(桐箱付) 形をつぶしてできた内側のキズは 備前焼の細工物によく生じる窯キズとよばれるもので 不良のキズではありません。 (もちろん水はもれません) ■ 作家略歴 ■ 赤毛敏男 ( あかも としお )日本工芸会正会員 昭和34年広島県府中市生まれ 昭和57年 人間国宝山本陶秀の内弟子 となり指導を受ける。 日本伝統工芸展4回、茶の湯造形展4回、朝日陶芸展、など入選多数

88000 円 (税込 / 送料込)

【花器|花瓶】備前焼 花入れ 耳付き(大)窯変 【日展作家・岡本徹正/作】

【花器|花瓶】備前焼 花入れ 耳付き(大)窯変 【日展作家・岡本徹正/作】

備前焼の商品説明備前焼の花器です。備前焼の花入に生けたお花は「高遠赤外線効果」・「酸化還元作用」の効能により、水が腐りにくい為、通常の花入より長持ちします。又、備前焼独特の色彩がお花を一段と引きたてます。作品名備前焼 花器・花入れ 耳付き大(窯変)サイズ口径約7cm 底部約11cm 高さ約25cm重量2.3kg窯焚き種類登り窯陶芸作家岡本 徹正窯元山東窯(岡山県備前市)・興揚窯(岡山県加賀郡)・桜湖窯(岡山県久米郡)所属日展会友、現代工芸美術家協会本会員、現代工芸中国会常任委員、岡山日展会会員梱包形体紙箱 (桐箱対応可能商品:製作料金別途要~納期10日程度)お届けまでの目安決済完了後、3日~4日程度配送業者ヤマト運輸配送料金一律750円(税込) レビューを記載いただける方は送料無料!※一部地域追加料金 北海道・沖縄・一部離島追加500円同梱について備前焼の形状により同梱可能または不可能の場合がございます。ご注文後、当店よりご連絡しますご注文確認メールにてご案内させていただきます。模様・形状について備前焼は釉薬(うわぐすり)をかけない無釉焼物です。窯の中で偶然の積み重ねにより自然の力で成されます。その為一品限定となりますので、作品によって色、模様、形状は本ページ掲載の写真と異なる場合がございますので予めご留意願います。色合いについて備前焼の作品写真は出来る限り実物と同じ色合いになるように撮影を行っておりますが、ご使用のパソコン・液晶モニターのコントラスト設定等により実物と異なって見える場合がございます事ご了承ください。ご使用上の注意備前焼は良質な水と陶土により成形され長時間焼きしめていますので、ご利用の際、急熱・急冷には注意して 頂き、電子レンジやオーブン等、電子機器の使用はなるべく避けて下さい。 また、無釉のため表面がざらざらしている箇所がございます。テーブル等の上で滑らせた場合、傷付く事がありますのでご注意下さい。■久兵衛の取り扱い品目:備前焼/びぜんやき/ビゼンヤキ/神水焼/神水備前/しんすいびぜん/桜湖焼/おうこやき/岡本徹正/おかもとてつまさ/杉山典子/食器/酒器/花器/茶道具/湯呑/ビアマグ/ビアジョッキ/ビアタンブラー/徳利/とっくり/おちょこ/御猪口/ぐい呑み/コーヒーカップ/皿/ご飯茶碗/ピッチャー/梅壺/花入(シンプル)/花入(装飾付き)/水盤/抹茶茶碗/水指/茶入/水瓶/壷/日展型/水盤/香炉/日展型/遠赤玉/ネックレス/窯変/胡麻(ごま)/棧切り(さんぎり)/牡丹餅(ぼたもち)/緋襷(ひだすき)/青備前(あおびぜん)/黒備前(くろびぜん)/伏せ焼(ふせやき)/流れ胡麻/登り窯/桐箱/ギフト/御礼/御祝/内祝/結婚祝/贈答用/包装/ラッピング/備前焼のお求めは久兵衛まで >> 当店で購入した備前焼は商品到着後【こちら】よりレビューの投稿が出来ます。 お花を生ける事はもちろんのこと、置くだけで空間をも飾ってしまう備前焼の花入れ。その独特の色彩がお花を一段と引きたてます。そして土と炎と灰の力よる千変万化の窯変はいつまでも飽きのこない自然美を作り出します。「高遠赤外線効果」・「酸化還元作用」の効能により水が腐りにくいため、通常の花入れより長持ちします。 土と炎の芸術・・・備前焼 その力強さと美しさを追求し続け、日展と云う大きな舞台で努力を重ねその評価は多くの方に支持され日展連続入選を果たしております

78000 円 (税込 / 送料別)

花器 花瓶 一輪挿し 備前焼 つる首花入(桟切)

花器 花入 花瓶 花びん 一輪挿し備前焼の素朴さが花を引き立てます花器 花瓶 一輪挿し 備前焼 つる首花入(桟切)

花入 100×95×210 木箱 120×255×125備前焼とは 備前焼は、良質の陶土で一点づつ成形し、乾燥させたのち、絵付けもせず釉薬も使わ ずそのまま焼いたもので、土味がよく表れている焼き物です。 焼き味の景色は、胡麻・棧切り・緋襷・牡丹餅などの変化に富んでいますが、それらは作品の詰め方 や燃料である松割木の焚き方などの工夫と、千数百度の炎の力によって完成されたものです。 一点として同じ形も焼き味も同じものは無いと言えます。 幅約5メートル、全長54メートルの全国でも最大規模の伊部南大窯跡 備前焼の歴史 備前焼は、古墳時代の須恵器(すえき)の製法が次第に変化したもので、平安時代に熊山のふもとで 生活用器の碗・皿・盤や瓦などが生産されたのがその始まりといわれています。 鎌倉時代には、主に山土を主体とした粘土による壷・甕・擂鉢が多く作られましたが、この 頃から次第に現在の備前焼特有の赤褐色の焼肌のものが焼かれ始めました。 室町時代の終わり頃から、「ひよせ」と呼ばれる伊部の地から採取した粘土が使用されるよ うになり、成形にもロクロが用いられ量産ができるようになり、また半地下式の大形の穴窯が作られ たのです。 その後江戸時代になると藩の保護・統制もあり小規模の窯が統合され、南・北・西に本格的 に大規模な共同窯(大窯)が築かれ、窯元六姓(木村・森・頓宮・寺見・大饗・金重)による製造体制 が整いました。 一方製品も、室町時代以降作られた茶陶器や日常雑器の他に置物なども作られるようになり ます。これらの大窯による生産は以後江戸時代末期まで続くのですが、この頃京都・有田・瀬戸などで磁器 の生産が盛んに行われるようになり、備前焼は次第に圧迫されるようになりました。 明治から昭和初期に至る時期は苦しい時代でしたが、そのような時にも窯の火は絶えることなく様々 な努力は続けられました。この衰退した備前焼を現在の繁栄に導くきっかけを作ったのは金重陶陽で した。金重陶陽は昭和31年に国の重要無形文化財保持者(人間国宝)に指定され、これをきっかけに多くの 人々が努力を重ね低迷期を脱しました。またこの頃から国内だけでなく、 海外でも純日本的な備前焼の 人気が高まり、陶陽の死後も、藤原啓、山本陶秀、藤原雄、伊勢崎淳と人間国宝を輩出していくように なりました。 現在では伝統的な作風に加え、個性豊かな作品に至るまで作家や陶工によって 一点一点作られ続けています。 登り窯 高温で焼き上がる登り窯ならではの仕上がりをお楽しみください。 土を寝かせて熟成させます。 備前焼の土とは 備前焼の魅力である茶褐色の地肌は「田土(ひよせ)」と呼ばれる、たんぼの底(5m 以上掘る場合もある)から掘り起こした土と、山土・黒土を混ぜ合わせた鉄分を含む土で焼かれます 。土の配合にもある程度比率が存在しますが、各々の土を寝かす期間も存在し、出土する場所によっ ても成分が違ってきます。よって、作るには熟練の技が問われます。なお、金重陶陽は10年寝かせた 土を使っていたそうです。 備前焼の多彩な窯変 胡麻(ごま) 松割木の灰が焼成中に作品に付着し、胡麻をふりかけたような状態になったも のをいいます。作品の多くは、灰が多くかかる棚の上に置かれ、降りかかった灰が熱で溶けて流れた 状態のものを”玉だれ”といいます。今では、自然胡麻の他に人為的に胡麻を出すため灰を焼成前に 作品に付けて焼くこともできるようになりました。 棧切り(さんぎり) 窯床に置いてある作品が炭に埋もれ、直接炎があたらないことと、空気の流れが悪いことが 相まって還元焼成(いぶし焼きの状態)になったために生じる窯変で、ネズミ色・暗灰色・青色等に 発色します。今では自然棧切りの他に人為的に棧切りを出すために、木炭の科学作用を応用し、窯焚 きを止める直前に大量の木炭を投げ入れ、棧切りを作る方法(炭棧切り)も行われています。 牡丹餅(ぼたもち) 皿・鉢等の上に別の作品を置いて焼成し、その部分だけ火が当たらず赤く焼けたものをいい ます。 現在では、上に置く物を自分の好きな形にしたり、組み合わせて模様を作る場合もあります。 緋襷(ひだすき) 本来は大きな作品や「サヤ」の中に入れられた作品がくっつくのを防ぐため、ワラを間には さんだり巻いたりして焼いたものであり、ワラの成分と粘土の鉄分が科学反応をおこし、緋色の線が 現れたものをいいます。 今では、電気窯で焼成することも多くなりました。 青備前(あおびぜん) サヤ等に入れられ、特定の場所で高い熱によって煙と一緒にいぶし焼にしたため、青灰色に なったものを言います。また、炭に埋もれてしまっても青く焼き上がり、自然青とか天然青とかいわ れています。今ではこのような青備前を人工的に科学変化によって作る為に窯を密閉することによっ て青灰色に焼成することもできます。また、焼き上がる直前に窯の中に食塩を投げ入れて作る塩備前 もできます。 伏せ焼(ふせやき) 蕪徳利・壷等に多く見られるもので、作品の上に別の作品をかぶせて焼くことにより、上下 の焼けが異なった色に分かれているものをいいます。作品の中には伏せた部分がワラにより緋襷にな っているものもあります。 備前焼の七不思議 1.投げても割れぬ、備前すり鉢 備前焼は、釉薬をかけず裸のまま、約2週間前後1200度以上の高温で焼き締めるため、強度が他の焼 き物に比べると高いレベルにあります。それがゆえに、「投げても割れぬ・・・・」と言われるよう になりました。 2.冷たいビール、温かいお茶 備前焼は内部が緻密な組織をしているために比熱が大きくなります。そのため保温力が強く熱しにく く、冷めにくくなります。 3.きめ細かな泡で、うまいビール 備前焼には繊細な凸凹があり発泡能力が高いことから、泡はきめ細かく泡の寿命が長いことからより 美味しく飲むことができます。 4.長時間おくと、うまい酒に 備前焼の内部に微細な気孔があるため、若干の通気性が生じます。そのため酒の酵母菌の働きが活発 になり熟成効果が期待されます。 これにより、酒、ウイスキー、ワインの香りが高くまろやかで、こ くのある味に変身します。 5.新鮮でうまい料理が食せる 備前焼は、他の焼き物に比べ表面の小さい凸凹が多いため、食物が皿肌に密着しないので取りやすく 、又水分の蒸発力が弱いので乾燥を防ぎ、新鮮さを保ちます。 6.花瓶の花が長もち 備前焼には微細な機構と若干の通気性があるため、長時間生きた水の状態が保たれ花が長もちします 。 7.使うことで、落ち着いた肌ざわり 備前焼の表面の微細な凸凹が、より使い込むことにより角が段々と取れ、使えば使うほど落ちついた 味わいを増します。 ※丁寧な手作り作品の為、まとまった数量は納品までに1~2ヶ月かかる場合もございます。お早めにお申し込み下さいませ。 ご注文時のご注意 備前焼の「窯変」とは、窯の中の状況によって器の素地や釉薬が偶然に起こす変化の事で、同じ窯で同じ時に焼かれても、窯の中で置かれた場所の違いで、炎の当たり方や灰の掛かり具合が変わってくるために、一つとして同じ模様にはなりません。したがって、実際にお届けする商品は写真のものとは、模様の出方や、多少のフォルムの違いなどがございます。ご注文の際は、こちらの事柄を十分にご理解下さいませ。気になさるお客様のご注文は恐縮ですが、お控え下さいませ。

9680 円 (税込 / 送料別)

備前扁壺

備前焼 作家物 登り窯 花器 花瓶 花入日本工芸会正会員 黒田儀男 作備前扁壺

サイズ 幅 約 17.5cm 奥行 約 11.5cm 高さ 約 23.3cm 付属品 袋真田紐付桐共箱、共布、しおり 原産地 日本製 (岡山県) 商品の特徴 新品(最新作)全て手作り(手捻り)のため、歪みなどがございます。土物の特性上器面がざらついたり、焼成中、炎などの作用により斑(窯変)になったり、灰(灰被り)が付いたりするものがございますが、不良品ではございません。使い込むうち味わいとなり、愛着が湧くのでございます。 数 量 現品限り ギフト対応 可(包装、のし、二重包装でお届け) 注 意 充分注意して撮影等しておりますが、お使いのモニターによっては色が違って見える場合があります。日本工芸会正会員 黒田儀男 作 備前扁壷 日本の古陶磁の中で、名陶といわれる桃山時代の備前の美しさに深く心をひかれ、祖先の残した伝統に、新しい息吹をあたえようと日夜研究作陶に励んでいるという黒田儀男先生。こだわりの登り窯焼成、備前焼人気作家の備前筒形ぐい呑(桟切)です。沖縄で陶芸家として修行後、備前焼窯元山麓窯にて備前焼の陶技を習得。大物も得意とするが、食器なども精力的に作陶する。百貨店等の個展でしか入手困難な先生の備前扁壷をぜひ、この機会にご愛蔵下さい。轆轤と手捻りで成形後、手と箆で楕円に成形しています。釉薬などを使わず焼成した作品です。登り窯焼成と赤松割木による灰被り胡麻窯変が見事で、独創的でモダンなデザイン、こだわりの備前扁壷です。 備前長船 黒田窯 黒田儀男 1949年 北海道生れ 1981年 備前焼窯元山麓窯に入る 1982年 岡山県展入選(以降3回入選) 1986年 中日国際陶芸展入選 1992年 長船市磯上に築窯する 1993年 第3回陶芸ビエンナーレ入選 第31回朝日陶芸展入選 1994年 第2回焼き締め陶展入選 1995年 第13回日本陶芸展入選 第33回朝日陶芸展入選 第42回日本伝統工芸展入選 1996年 第43回日本伝統工芸展入選 1997年 第44回日本伝統工芸展入選 宮内庁買上げ 第3回焼き締め陶展入選 1998年 第44回日本伝統工芸展入選 日本工芸会正会員に認定される 1997年 第16回田部美術館「茶の湯造形展入選」 第15回日本陶芸展入選 新作入荷!早い者勝ち現品限りです。ぜひこの機会にご入手下さい。

46200 円 (税込 / 送料込)

備前焼窯元 陶里宛作 花瓶 鎬文花入れ 一輪差し 花入れ【胡麻】

備前焼 どうぞ、ご自身の趣味に、ご贈答にご利用くださいませ。備前焼窯元 陶里宛作 花瓶 鎬文花入れ 一輪差し 花入れ【胡麻】

商品説明サイズ幅 約5.1cm 高さ 約14.6cm 材質陶器 備前焼 色 モニターの発色の具合によって実際のものと色が異なる場合ございます。備前焼窯元 陶里宛作(福岡県北九州市にて、備前の築炉屋さんに作って頂いた登り窯で、粘土・赤松を備前より取り寄せ約30年、制作しています)胡麻(窯焚きの時、最高温度に達する頃、作品の表面が溶け、炎と一緒に飛んでくる赤松の灰が付着し、釉化した状態をいいます。胡麻のように見えることからその呼び名が付きました)の鎬文花入れです。 シンプルな筒花入れ、普段使いに、ちょっとした贈り物にご利用くださいませ。 又、古来より「備前の水甕、水が腐らぬ」と言われ、 水が腐りにくいので、備前焼に活けられたお花は長持ちします。 野花を活けるのにピッタリです。 ※こちらは、画像の作品を紙箱に入れてお届けいたします。

4400 円 (税込 / 送料別)

花器 花瓶 フラワーベース 備前焼 耳付花入(桟切)

花器 花入 花瓶 花びん フラワーベース 送料無料備前焼の素朴さが花を引き立てます花器 花瓶 フラワーベース 備前焼 耳付花入(桟切)

花入 120×240 木箱 165×165×295備前焼とは 備前焼は、良質の陶土で一点づつ成形し、乾燥させたのち、絵付けもせず釉薬も使わ ずそのまま焼いたもので、土味がよく表れている焼き物です。 焼き味の景色は、胡麻・棧切り・緋襷・牡丹餅などの変化に富んでいますが、それらは作品の詰め方 や燃料である松割木の焚き方などの工夫と、千数百度の炎の力によって完成されたものです。 一点として同じ形も焼き味も同じものは無いと言えます。 幅約5メートル、全長54メートルの全国でも最大規模の伊部南大窯跡 備前焼の歴史 備前焼は、古墳時代の須恵器(すえき)の製法が次第に変化したもので、平安時代に熊山のふもとで 生活用器の碗・皿・盤や瓦などが生産されたのがその始まりといわれています。 鎌倉時代には、主に山土を主体とした粘土による壷・甕・擂鉢が多く作られましたが、この 頃から次第に現在の備前焼特有の赤褐色の焼肌のものが焼かれ始めました。 室町時代の終わり頃から、「ひよせ」と呼ばれる伊部の地から採取した粘土が使用されるよ うになり、成形にもロクロが用いられ量産ができるようになり、また半地下式の大形の穴窯が作られ たのです。 その後江戸時代になると藩の保護・統制もあり小規模の窯が統合され、南・北・西に本格的 に大規模な共同窯(大窯)が築かれ、窯元六姓(木村・森・頓宮・寺見・大饗・金重)による製造体制 が整いました。 一方製品も、室町時代以降作られた茶陶器や日常雑器の他に置物なども作られるようになり ます。これらの大窯による生産は以後江戸時代末期まで続くのですが、この頃京都・有田・瀬戸などで磁器 の生産が盛んに行われるようになり、備前焼は次第に圧迫されるようになりました。 明治から昭和初期に至る時期は苦しい時代でしたが、そのような時にも窯の火は絶えることなく様々 な努力は続けられました。この衰退した備前焼を現在の繁栄に導くきっかけを作ったのは金重陶陽で した。金重陶陽は昭和31年に国の重要無形文化財保持者(人間国宝)に指定され、これをきっかけに多くの 人々が努力を重ね低迷期を脱しました。またこの頃から国内だけでなく、 海外でも純日本的な備前焼の 人気が高まり、陶陽の死後も、藤原啓、山本陶秀、藤原雄、伊勢崎淳と人間国宝を輩出していくように なりました。 現在では伝統的な作風に加え、個性豊かな作品に至るまで作家や陶工によって 一点一点作られ続けています。 登り窯 高温で焼き上がる登り窯ならではの仕上がりをお楽しみください。 土を寝かせて熟成させます。 備前焼の土とは 備前焼の魅力である茶褐色の地肌は「田土(ひよせ)」と呼ばれる、たんぼの底(5m 以上掘る場合もある)から掘り起こした土と、山土・黒土を混ぜ合わせた鉄分を含む土で焼かれます 。土の配合にもある程度比率が存在しますが、各々の土を寝かす期間も存在し、出土する場所によっ ても成分が違ってきます。よって、作るには熟練の技が問われます。なお、金重陶陽は10年寝かせた 土を使っていたそうです。 備前焼の多彩な窯変 胡麻(ごま) 松割木の灰が焼成中に作品に付着し、胡麻をふりかけたような状態になったも のをいいます。作品の多くは、灰が多くかかる棚の上に置かれ、降りかかった灰が熱で溶けて流れた 状態のものを”玉だれ”といいます。今では、自然胡麻の他に人為的に胡麻を出すため灰を焼成前に 作品に付けて焼くこともできるようになりました。 棧切り(さんぎり) 窯床に置いてある作品が炭に埋もれ、直接炎があたらないことと、空気の流れが悪いことが 相まって還元焼成(いぶし焼きの状態)になったために生じる窯変で、ネズミ色・暗灰色・青色等に 発色します。今では自然棧切りの他に人為的に棧切りを出すために、木炭の科学作用を応用し、窯焚 きを止める直前に大量の木炭を投げ入れ、棧切りを作る方法(炭棧切り)も行われています。 牡丹餅(ぼたもち) 皿・鉢等の上に別の作品を置いて焼成し、その部分だけ火が当たらず赤く焼けたものをいい ます。 現在では、上に置く物を自分の好きな形にしたり、組み合わせて模様を作る場合もあります。 緋襷(ひだすき) 本来は大きな作品や「サヤ」の中に入れられた作品がくっつくのを防ぐため、ワラを間には さんだり巻いたりして焼いたものであり、ワラの成分と粘土の鉄分が科学反応をおこし、緋色の線が 現れたものをいいます。 今では、電気窯で焼成することも多くなりました。 青備前(あおびぜん) サヤ等に入れられ、特定の場所で高い熱によって煙と一緒にいぶし焼にしたため、青灰色に なったものを言います。また、炭に埋もれてしまっても青く焼き上がり、自然青とか天然青とかいわ れています。今ではこのような青備前を人工的に科学変化によって作る為に窯を密閉することによっ て青灰色に焼成することもできます。また、焼き上がる直前に窯の中に食塩を投げ入れて作る塩備前 もできます。 伏せ焼(ふせやき) 蕪徳利・壷等に多く見られるもので、作品の上に別の作品をかぶせて焼くことにより、上下 の焼けが異なった色に分かれているものをいいます。作品の中には伏せた部分がワラにより緋襷にな っているものもあります。 備前焼の七不思議 1.投げても割れぬ、備前すり鉢 備前焼は、釉薬をかけず裸のまま、約2週間前後1200度以上の高温で焼き締めるため、強度が他の焼 き物に比べると高いレベルにあります。それがゆえに、「投げても割れぬ・・・・」と言われるよう になりました。 2.冷たいビール、温かいお茶 備前焼は内部が緻密な組織をしているために比熱が大きくなります。そのため保温力が強く熱しにく く、冷めにくくなります。 3.きめ細かな泡で、うまいビール 備前焼には繊細な凸凹があり発泡能力が高いことから、泡はきめ細かく泡の寿命が長いことからより 美味しく飲むことができます。 4.長時間おくと、うまい酒に 備前焼の内部に微細な気孔があるため、若干の通気性が生じます。そのため酒の酵母菌の働きが活発 になり熟成効果が期待されます。 これにより、酒、ウイスキー、ワインの香りが高くまろやかで、こ くのある味に変身します。 5.新鮮でうまい料理が食せる 備前焼は、他の焼き物に比べ表面の小さい凸凹が多いため、食物が皿肌に密着しないので取りやすく 、又水分の蒸発力が弱いので乾燥を防ぎ、新鮮さを保ちます。 6.花瓶の花が長もち 備前焼には微細な機構と若干の通気性があるため、長時間生きた水の状態が保たれ花が長もちします 。 7.使うことで、落ち着いた肌ざわり 備前焼の表面の微細な凸凹が、より使い込むことにより角が段々と取れ、使えば使うほど落ちついた 味わいを増します。 ※丁寧な手作り作品の為、まとまった数量は納品までに1~2ヶ月かかる場合もございます。お早めにお申し込み下さいませ。 ご注文時のご注意 備前焼の「窯変」とは、窯の中の状況によって器の素地や釉薬が偶然に起こす変化の事で、同じ窯で同じ時に焼かれても、窯の中で置かれた場所の違いで、炎の当たり方や灰の掛かり具合が変わってくるために、一つとして同じ模様にはなりません。したがって、実際にお届けする商品は写真のものとは、模様の出方や、多少のフォルムの違いなどがございます。ご注文の際は、こちらの事柄を十分にご理解下さいませ。気になさるお客様のご注文は恐縮ですが、お控え下さいませ。

27500 円 (税込 / 送料込)

-714-備前らしい焼き色、安定感がある備前耳付き花入れ。口部分を広くしています☆備前焼 作家岡本白水作 耳付き花入れ☆陶器/花器/岡山/伝統/工芸

-714-備前らしい焼き色、安定感がある備前耳付き花入れ。口部分を広くしています☆備前焼 作家岡本白水作 耳付き花入れ☆陶器/花器/岡山/伝統/工芸

備前焼 耳付き花入 焼き色のいい花入です。ごま、緋牡丹紋様の焼き色が出ています。 口部分をひろげてあり、安定感がある花瓶です。 側面のヘラ目もいい感じです。 高さ約 139mm 幅 約 98mm 口外径約 50mm 重さ約 523g 紙箱に包装をしてお届け致します。 《岡本白水 略歴》 1969年 岡山市に生まれる 15才より父である備前焼作家、 故岡本碧山に学ぶ 1996年 倉敷カトリック教会 陶板レリーフ「キリストの道行」制作 2000年 様々なアートと、備前焼とのジャンルを超えた融合を コンセプトに工房ヘキザン設立 備前焼で作った楽器による演奏会(陶音ライブ)を実施 岡山電気軌道 夏のイベント(風鈴電車)風鈴制作 現在作陶の傍ら、個展や岡山市内数ヵ所の公民館にて陶芸教室の講師等、幅広く活躍。 出来る限り実物に近い撮影・掲載を心がけておりますが、 お使いのPCの環境や携帯電話スマートフォン等、 色の見え方に若干の違いが生じる場合がございます。ご理解をお願いいたします。伝統的な形の少し小さい 花入れ

4580 円 (税込 / 送料別)

【備前焼/和食器/窯元/花器】 小西陶古 | 一輪挿し(緋襷)【楽ギフ_包装】【楽ギフ_のし宛書】

父の日ギフト★備前焼★レビュー割対象商品和食器、ギフト、内祝い、お祝い、引き出物、贈答品などに【備前焼/和食器/窯元/花器】 小西陶古 | 一輪挿し(緋襷)【楽ギフ_包装】【楽ギフ_のし宛書】

商品詳細 窯元名 小西陶古 商品名 一輪挿し(緋襷) サイズ 高さ約21cm×口径約3cm 商品説明 人気の備前焼窯元による一輪挿しです。お部屋の上品なアクセントとしてお使い下さい。 備考 紙箱入り 納期:3営業日内に発送 その他の対応 他の作品 この窯元の他の作品を見る 関連キーワード 備前焼、花器、花入れ、一輪挿し、緋襷、小西陶古 こちらの商品写真は見本でございます。 ご注文頂いた場合、同型の商品をお送りさせていただきます。 備前焼の特性上、見本写真とは、景色(焼き色)がひとつひとつ異なりますので予めご了承ください。小西陶古 代々作家の家系で、1926年に窯元を設立。 初代陶古は桟切の考案者として知られ、三村陶景と共同窯を経営する。 主な作品は、ろくろによる花器、壷のほか、薄いへらで表面を磨いた上手の鶴首一輪挿しなど。細工物も有名で、干支の置物、獅子、布袋などの七福神を手掛ける。「桟切の陶古」、「細工物の陶古」として知られている。

6531 円 (税込 / 送料別)

-740-黄ゴマ、横の削り。焼き色、形、共に面白い仕上がりの花入れです☆備前焼 作家岡本白水作 花入れ☆陶器/花器/自然釉/素晴らしい造形/岡山伝統工芸

-740-黄ゴマ、横の削り。焼き色、形、共に面白い仕上がりの花入れです☆備前焼 作家岡本白水作 花入れ☆陶器/花器/自然釉/素晴らしい造形/岡山伝統工芸

備前焼 花入 落ち着いた焼き色の花入れです。黄ゴマ、自然釉がでています。 縦に細い線の削りが独特の質感を作っています。存在感がある作品に仕上がっています。 高さ約 175mm 幅 約 95mm 口内径約 30mm 重さ約 570g 紙箱に包装をしてお届け致します。 《岡本白水 略歴》 1969年 岡山市に生まれる 15才より父である備前焼作家、 故岡本碧山に学ぶ 1996年 倉敷カトリック教会 陶板レリーフ「キリストの道行」制作 2000年 様々なアートと、備前焼とのジャンルを超えた融合を コンセプトに工房ヘキザン設立 備前焼で作った楽器による演奏会(陶音ライブ)を実施 岡山電気軌道 夏のイベント(風鈴電車)風鈴制作 現在作陶の傍ら、個展や岡山市内数ヵ所の公民館にて陶芸教室の講師等、幅広く活躍。 出来る限り実物に近い撮影・掲載を心がけておりますが、 お使いのPCの環境や携帯電話スマートフォン等、 色の見え方に若干の違いが生じる場合がございます。ご理解をお願いいたします。独特の存在感がある備前花入れです。ぜひどうぞ。

4580 円 (税込 / 送料別)