「排気系パーツ > エキゾーストマニホールド」の商品をご紹介します。

スーパースプリント プジョー 106 S16 '96-用 EXマニホールド (802001)【eマーク適合無】【エキマニ】Supersprint ハイパフォーマンスエキゾーストシステム

【送料無料】Supersprint HIGH PERFORMANCE EXHAUST SYSTEMSスーパースプリント プジョー 106 S16 '96-用 EXマニホールド (802001)【eマーク適合無】【エキマニ】Supersprint ハイパフォーマンスエキゾーストシステム

商品情報【商品名】Supersprint STREET SYSTEMSスーパースプリント ストリートシステムス EXマニホールド【設定車種】対応車種: PEUGEOT 106 S16/1.6Rallye 年式: 1996年~ 品番: 802001 【特長】 <スペック> 材質: SUS304 <備考> ● フランジ交換装着 ● eマーク適合無*こちらの商品は受注生産品です。お取り寄せにお時間がかかる場合がございます。あらかじめご了承いただきますようお願いいたします。在庫、納期は常時変動いたしておりますのでご注文の際はお手数ですが一度ご確認ください。御注文をいただける際には装着可否もございますので装着予定の車種、グレード、年式、型式、エンジン型式、をご記入下さいませ。※記載対応車種でも車輌の個体差、諸条件により装着できない場合があります。※排気管にダブル出口、左右出口の場合、均等に排気しないことがあります。※掲載写真は商品イメージです。サイズ、仕様により現品と異なる場合がございます。Supersprint STREET SYSTEMSスーパースプリント ストリートシステムス A TRADITION OF EXCELLENCE BUILD UPON QUALITY AND PERFORMANS品質と性能により創りあげられた卓越の伝統 世界最高品質の排気システムを設計・製造することを目的にスーパースプリント社は1955年に創設しました。 設立当初の1955年の本社 新社屋本社 SUPERSPRINT'S COMMITMENT TO QUALITY INVOLVEA EVERY PHASE OF DEVELOPMENT.SUPERSPRINT'S PRODUCTS ARE DESIGNED FOR PERFORMANCE. 品質に対するこだわりは開発のあらゆる局面でかかわり、製品はパフォーマンスの為に設計されている。 スーパースプリントにある動力試験機での評価テストはあるゆる範囲の自動車および自動車関連ブランドに対して年間1000回以上行われます。スーパースプリントは各メーカーのいろいろなスポーツカーなどそれらの入手し得るすべてのエンジンバージョンを評価します。例えば、可愛らしい54馬力のFIATチンクエチェントスポルティングや490馬力に改造された強烈なダッチ・バイパーからラリー仕様の四輪駆動のスバル・インプレッサや三菱ランサーまで世界最高品質のマフラーパーツを設計し造ることをスーパースプリントは経験しているのです。スーパースプリントの製品を手に入れたとき、それが手に入り得るものの中で最高品質のものであることを実感するでしょう。 一般的なスポーツマフラーはサイレンサー部分が横置きになりますがスーパースプリントは、排気ガスをスムーズに抵抗なく排気できる様にサイレンサーをできるだけ縦置きにしてあります。サイレンサーを小さくし、軽量化をはかりました。サイレンサーが小さいことで、タイコ部分が装着後に目立ったずスッキリします。 ★こちらの商品の詳しい説明は Supersprint ホームページをご覧ください ★こちらのページから一部の車種のサウンドを聞くことができます!Supersprint エキゾーストサウンドファイルはこちら! ★こちらの商品のお問合せは矢東タイヤ王子店(03-5249-0810)まで

92400 円 (税込 / 送料込)

結晶塗料 カーベック(CARVEK) 4色選択(黒・赤・青・黄) 結晶塗装 エンジンヘッドカバー インテークマニホールド クランクケースカバー 塗装

結晶塗料 カーベック(CARVEK) 4色選択(黒・赤・青・黄) 結晶塗装 エンジンヘッドカバー インテークマニホールド クランクケースカバー 塗装

《結晶塗料の成り立ち》 ファミリーカーからプレミアムセダンまで、最近の自動車のエンジンルームは樹脂カバーで覆い尽くされていることも多いですが、一昔前のスポーティーカーや輸入車では、ヘッドカバーやインテークマニホールド、サージタンクなどが結晶仕上げであることがハイパフォーマンスの象徴でした。 トヨタや日産など、1970~80年代の国産スポーツモデルでは、結晶塗装のツインカムヘッドカバーが憧れの対象となっていたほどです。 結晶塗装はボンネットフードで隠されるクルマ用のエンジンのみならず、オートバイのエンジンヘッドカバーやクランクケースカバーにも採用されており、バイク好きにも注目されています。 《結晶塗装の特徴》 結晶塗装の第一の特長は意匠性の高さです。 ガンコートのように放熱性が向上したり、パウダーコートのような塗膜の強さもありません。一液タイプなので溶剤は苦手です。しかし見た目の良さだけではなく、シリンダーヘッドカバーに施工した場合エンジンの静粛性向上が期待できる場合があるのです。 これは結晶塗装を使用したユーザー様からの報告ですが、まだらに剥がれたヘッドカバーの純正結晶塗装を塗り替える際、いったん剥離してバフがけしたところ、ヘッド周りから聞こえるタペット音が剥離前より耳障りになったというのです。 そして次に私たちの結晶塗料でリペイントしたところ、気になる音は剥離前のレベルに戻ったそうです。 《塗装方法について》 専用の焼付道具を準備するほどではないと躊躇される方の中には、ストーブの上に置いて工業用ドライヤーで炙ったりー、18リットルの一斗缶や20リットルのペール缶にドライヤーの熱を送風して加熱するなど、独自のアイデアで焼付環境を整備している方もいます。 いずれの場合でも、美しい縮れ模様に仕上げるにはパーツ各部で温度のムラがないよう均一に加熱することが重要です。 焼付温度が低いとちぢみ模様ができませんが、温度管理ができない自作道具で焼付温度が上がりすぎると塗装面のツヤが無くなり、黒っぽく仕上がります。 黒色の塗料は変化に気づきづらいですが、赤をオーバーベイクすると鮮やかさがなくなり色味は暗くなります。ただし、これをテクニックとして利用すれば、暗めの赤で仕上げたい時は指定温度より高めで焼き付ければよいと言うことになります。 もうひとつ応用テクニックとして、樹脂への結晶塗装施工方法があります。 基本的に金属パーツへの使用を前提としているため、焼付乾燥温度は120℃としていますが、実際には90℃前後から徐々に塗膜が縮み始めています。 樹脂の種類にもよりますが、100℃以下なら変形や変質しないことを前提にこの特性を利用すれば、樹脂パーツへの結晶塗装が可能となります。 焼付温度が低い分時間を長めに設定して(所要時間はパーツによって異なるので、焼付中に小まめな確認が必要です)エンジンルーム内の樹脂カバーや運転席のダッシュボードを施工した事例もあり、通常の塗装では出せないちぢみ模様がカスタムテイストを演出していました。

3000 円 (税込 / 送料別)

結晶塗料 カーベック(CARVEK) 徳用6本セット 4色選択(黒・赤・青・黄) 結晶塗装 エンジンヘッドカバー インテークマニホールド クランクケースカバー 塗装

結晶塗料 カーベック(CARVEK) 徳用6本セット 4色選択(黒・赤・青・黄) 結晶塗装 エンジンヘッドカバー インテークマニホールド クランクケースカバー 塗装

《結晶塗料の成り立ち》 ファミリーカーからプレミアムセダンまで、最近の自動車のエンジンルームは樹脂カバーで覆い尽くされていることも多いですが、一昔前のスポーティーカーや輸入車では、ヘッドカバーやインテークマニホールド、サージタンクなどが結晶仕上げであることがハイパフォーマンスの象徴でした。 トヨタや日産など、1970~80年代の国産スポーツモデルでは、結晶塗装のツインカムヘッドカバーが憧れの対象となっていたほどです。 結晶塗装はボンネットフードで隠されるクルマ用のエンジンのみならず、オートバイのエンジンヘッドカバーやクランクケースカバーにも採用されており、バイク好きにも注目されています。 《結晶塗装の特徴》 結晶塗装の第一の特長は意匠性の高さです。 ガンコートのように放熱性が向上したり、パウダーコートのような塗膜の強さもありません。一液タイプなので溶剤は苦手です。しかし見た目の良さだけではなく、シリンダーヘッドカバーに施工した場合エンジンの静粛性向上が期待できる場合があるのです。 これは結晶塗装を使用したユーザー様からの報告ですが、まだらに剥がれたヘッドカバーの純正結晶塗装を塗り替える際、いったん剥離してバフがけしたところ、ヘッド周りから聞こえるタペット音が剥離前より耳障りになったというのです。 そして次に私たちの結晶塗料でリペイントしたところ、気になる音は剥離前のレベルに戻ったそうです。 《塗装方法について》 専用の焼付道具を準備するほどではないと躊躇される方の中には、ストーブの上に置いて工業用ドライヤーで炙ったりー、18リットルの一斗缶や20リットルのペール缶にドライヤーの熱を送風して加熱するなど、独自のアイデアで焼付環境を整備している方もいます。 いずれの場合でも、美しい縮れ模様に仕上げるにはパーツ各部で温度のムラがないよう均一に加熱することが重要です。 焼付温度が低いとちぢみ模様ができませんが、温度管理ができない自作道具で焼付温度が上がりすぎると塗装面のツヤが無くなり、黒っぽく仕上がります。 黒色の塗料は変化に気づきづらいですが、赤をオーバーベイクすると鮮やかさがなくなり色味は暗くなります。ただし、これをテクニックとして利用すれば、暗めの赤で仕上げたい時は指定温度より高めで焼き付ければよいと言うことになります。 もうひとつ応用テクニックとして、樹脂への結晶塗装施工方法があります。 基本的に金属パーツへの使用を前提としているため、焼付乾燥温度は120℃としていますが、実際には90℃前後から徐々に塗膜が縮み始めています。 樹脂の種類にもよりますが、100℃以下なら変形や変質しないことを前提にこの特性を利用すれば、樹脂パーツへの結晶塗装が可能となります。 焼付温度が低い分時間を長めに設定して(所要時間はパーツによって異なるので、焼付中に小まめな確認が必要です)エンジンルーム内の樹脂カバーや運転席のダッシュボードを施工した事例もあり、通常の塗装では出せないちぢみ模様がカスタムテイストを演出していました。

18000 円 (税込 / 送料別)